少女漫画

【サイソウラヴァーズ】ネタバレ感想あらすじ/最終回の結末や、如何に。

どうも。御茶の水です。

なぜ、雪也は未来からやって来たのか?
なぜ、海を死に追いやってしまったのか?
最悪の結末に翻弄される蓮。どうすれば、家族3人一緒にいることができるのか?

「サイソウラヴァーズ」とカタカナで書かれていると一見分かりづらいと思いますが、「サイソウ」は「再送」ですね。
ある出来事がきっかけで雪也が未来から過去に戻り、再び家族3人での人生を送り始める、という事でこのタイトルなのでしょう。

まんが王国様の広告で見かけ、気になったので購入してみました。少し前まで、まんが王国様の広告といえば人の不安を煽りまくる、胸くそ悪い広告をバシバシと配信されていましたが、最近は純粋に面白そうな作品の広告を作られているようですね。

さて、前置きが長くなりましたが、本編は家族3人の行方を巡って非常に短い間に急展開を繰り返す、サスペンス作品です。(1話目で、蓮が海を死に追いやってしまう、という結末が語られているため、一応サスペンスという位置付けでお話ししていきたいと思います)

雪也の思いはただひとつ。

蓮と海を救うにはどうすればいいのか。

これに尽きます。
この目標を達成するために、時に挫けながらも奔走する雪也がとっても素敵です。

最終話で、海が大きく成長した姿を見られた時、家族3人が幸せに暮らしている様子が描かれていて、私はホッとしました。

この漫画は、実は結末よりも、そこに至るまでの過程がとても重要なんだと思い知らされる作品でした。

なぜ、海は無事に大きく成長する事が出来たのか。
なぜ、雪也と蓮はお互いを見つめ直す事ができたのか。

そんな事を考えながら、是非読んでみて欲しい作品です。

 

というわけで、いつもとは全く違うテンションで始まったレビューですが、まずはあらすじから!

「サイソウラヴァーズ」ネタバレ・あらすじ

「このあとオレたちの関係は破綻し、オマエは子供を殺した。別れてくれ。」未来からやってきたと言う夫から告げられた衝撃的な事実。どうして、未来で家族は崩壊したのか? 再生をめぐるNEOラブミステリー。

※内容紹介より

 

***

 

▼作品情報
ジャンル:ラブストーリー、サスペンス
出版社: 講談社
雑誌・レーベル: Kiss
主人公のタイプ:自分に正直、怒りっぽい、周りの言うことを聞かない、でもそんな自分を好きになってくれる男性が現れてくれると信じている。
男性キャラのタイプ:明るい、まじめ、主人公と自分の子供が大好き、未来からやってきた

 

マシュマロch編集長の少女漫画レビュー
【サイソウラヴァーズ】

マシュマロch編集長の独断と偏見により、
キュンキュンする度合いを「キュン度」
純粋に文字数等の情報量や続刊があるか等を勘案した「サクッと読める度」
斬新な展開の有無や、無難なストーリー構成かどうかを表す「ストーリー構成」
表紙や中身の絵柄、そして少女漫画にちょいちょいある、ムリな方向に曲がっている関節があるか等を考慮した「画力」
として、上記4つを★の数で5段階評価していきたいと思います!
※私の独断と偏見が多分に含まれるのでくれぐれもご注意を。

 

▼キュン度
★★★☆☆
こちらは星3つです。
が、しかし!
これは3つでいいんです。なんと言ってもこの作品はサスペンスなので、キュンとする箇所はそこまで多くなくてもへっちゃら。
でも、雪也が主人公と子供の事がとっても大好きなんだなと感じ取れるシーンはほっこりします。
恋愛要素でキュンキュンするかというと、ほとんど無いに等しいかもしれません。

 

▼サクッと読める度
★★★★☆
サスペンスの作品という事もあり伏線が張られまくっていますが、話の展開がすごく早いので意外と読みやすく仕上がってます。
文字量としてはきっとそこまで多くないのでしょう。
1巻完結という事もあり、とてもテンポ良く話が進んでいくのでこちらは星4つです!

 

▼ストーリー構成
★★★★☆
これはねぇ…惜しいんですよ。本当に推しい。
ラストの一つだけは、伏線が余計だったなという印象があってこのままラストシーンに向かって最後だけはじっくりと話を展開してほしかったなぁ、と思いました。(あくまでもわたしの見解ですよ!汗)
先が読みにくい作品で良いのですが、どんでん返し的な展開が多すぎてもちょっと疲れてしまう人もいるかもしれません。
という事で星は4つです。

 

▼画力
★★★☆☆
とっても独特な絵柄です。もしかしたら絵柄でもう読みたくない、という方もいるかもしれません。コテコテの少女漫画の絵柄ではないですね。私としては、「午前3時の無法地帯」でお馴染み、ねむようこ先生の絵柄を思い浮かべましたが、皆さまはどうでしょうかね??
目の書き方があまり私の好みではなかったという事もあり、こちらは星3つです…!

 

▼総評
★★★☆☆
この作品の続編には、正直手が伸びそうにないなと思いました。
絵柄はすごくいいんだけど…まぁ、そういう書き手と読み手の相性もありますよね。
というわけで、総評としては星3つです。

 

ちなみに、江唯みじ子先生は他の作品は無いようです。

 

さて、ここで東京マシュマロチャンネル編集部のおすすめ作品です!

してくれない夫と、求める妻の、ピュア過ぎる攻防。「あなたがしてくれなくても」1巻のネタバレ、感想はこちら♪

2018年4月12日からアニメも放送!「ヲタ恋」でおなじみ、「ヲタクに恋はむずかしい」のネタバレ、感想はこちら!

東京マシュマロチャンネル編集長もイチオシ!講談社漫画賞なるか?!「恋わずらいのエリー」のネタバレ、感想はこちら!!

 

少女漫画を電子書籍で読むなら、無料で読める作品もたくさんあるまんが王国が断然オススメですよ!

 

いうわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!