プチコミック

【愛になんて溺れない】2話 未だ恋愛要素ナシ!w|ネタバレあらすじ|プチコミック

どうも。御茶の水です。

「愛になんて溺れない」2話ですが、こちらは1巻に収録されると思います。


こちらは宮園いづみ先生のツイートから!
チラ見せありがとうございます!!

 

 

さてさて、まずはあらすじです!
今回は湯の実のレビューですよ~ ヾ ^_^♪

 

 

「愛になんて溺れない」2話|ネタバレあらすじ

 

出勤した怜は、二ノ宮が倒れているところを発見!

何か欲しいものはあるかと尋ねる怜に、高級コーヒーをねだる二ノ宮。

相変わらずなオレ様態度に、心底呆れつつも普通のコーヒーを持ってくる怜。

しかし、個室の書斎でまた倒れている二ノ宮(苦笑)

 

 

セキュリティーを心配しつつ、自慢の体力で二ノ宮を持ち上げる怜。そこへ秘書が遭遇し、「ふくしゃ…」と呼びかけてしまいます。

「ふくしゃ?」と首をかしげる怜に、秘書は「複写の資料をお持ちしました」と上手くごまかしに成功。

 

 

一方怜も、「二ノ宮と秘書が付き合っているのでは?」「なんか勘違いされた気がする!」と慌てまくりで…。

 

 

緊急ミーティングが開かれ、怜が紹介した人が職務経歴誇大だったとクレームが…。

謝罪する怜に、「割とあることだから」と誰も責める様子はありません。

驚きつつも、前の会社を辞めて本当に良かったと思うのでした。

 

 

ある日、海外アドバイザー応募者の面談を行っていた怜。ある応募者が、自分が知らない分野の話をべらべら喋り出し全く対応できません。

焦った怜は、近くにいた二ノ宮に代わってもらうことに。

二ノ宮の巧みな話術によって経歴詐称が発覚!無事に面談が終了…。

 

 

お礼に、高級コーヒーをごちそうする怜。そこで、前の会社を上司のパワハラが原因で辞めたことを打ち明けます。

 

 

「どうにかしようともがいたんだろ」

「その会社を辞めてS&Nを選んだのは間違ってねーよ」

 

 

二ノ宮のまさかの返答にドキッとしつつも、我に返って彼氏を罵倒するのは辞めるように言います。

それに対し、「途中から聞いてなかったわ」としらばっくれる二ノ宮。

 

 

「コイツと関わると本当ロクなことがない‼」

怒り心頭の怜なのでした(笑)

 

 

「愛になんて溺れない」2話はここで終わり。

 

 

「愛になんて溺れない」2話|ネタバレ感想

 

新米人材コンサルタント・怜の1日は騒がしいですね(笑)まずは、個人コンサルタント・二ノ宮のお世話から始まりますから(;・∀・)

 

 

ふと疑問に思ったんですけど、なぜ二ノ宮は副社長だということを周囲に黙っているんでしょうか?

あの秘書さんは知ってるようですが、何か知られちゃいけない理由があるんでしょうか…(`・ω・´)

でも、怜と二ノ宮のバトルがもうちょっと見たいので、まだしばらくバレなくても良いかな(笑)

 

 

瀬下と二ノ宮との関係も少しわかってきました!

かれこれ大学時代からの付き合いで、瀬下が会社を立ち上げる時にすでに二ノ宮を副社長にすることを決めていたんですね(#^^#)

 

 

2人の会話を見ていても、お互いに信頼し合っているんだなと思いました!
性格はまるで違うけど、同じ方向に向いている感じが素敵ヽ(^o^)丿

今後、怜と二ノ宮が恋愛関係に発展すると仮定して、ひょっとしたら瀬下が参入してくるかも…!?

そうなったら、和くん的には辛過ぎるね…(苦笑)

 

 

さて、まだまだ恋愛の「れ」の字も見えてこないストーリーですが、どこで怜と二ノ宮の関係が変わっていくのか!?

次回も楽しみに待っていたいと思います!

 

 

プチコミックの人気作品、「きっと愛してしまうんだ」のネタバレ感想もありますよー!

 

宮園いづみ先生の前作、「突然ですが、明日結婚します」のネタバレ感想もあります!よかったらこちらも読んでいただけると嬉しいです!

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみにーー!