プチコミック

【愛になんて溺れない】4話 |ネタバレあらすじ|プチコミック

どうも。御茶の水です。

「愛になんて溺れない」3話ですが、こちらは1巻に収録されると思います。


こちらは宮園いづみ先生のツイートから!
中身チラ見せ、ありがとうございます!!!

さてさて、まずはあらすじです!
今回は湯の実のレビューですよ~ ヾ ^_^♪

 

 

「愛になんて溺れない」4話|ネタバレあらすじ

 

雨池と破局した怜は、二ノ宮の仕事部屋で一晩を過ごすことに。

この人は優しいのかもしれない…怜は二ノ宮の印象が変わっていきます。

 

 

1カ月後、会社設立3周年パーティーに出席した怜。そこに人だかりの中心にいる二ノ宮の姿が!

パーティー慣れしていない怜は、休憩しようと会場の外へ。そこに、何やら怪しい雰囲気で話す二ノ宮と秘書の姿が…!!

 

 

慌てふためく怜に、秘書は瀬下の奥さんだと話す二ノ宮。

「不倫」と言いかけたところで二ノ宮から「幸男に代わってキれるぞ」と叱られてしまいます。

 

 

その時、怜の顔色の悪さに気づいた二ノ宮。「手を抜いたっていいんだよ」と、2人でパーティーを抜け出すことに!

ホテルの外へ出る途中、とある女性が二ノ宮に話しかけて親しげにキスをするのです…!

 

 

さらにそれを見ていた別の女性は、「別れる!」と涙を流しながら走り去ってしまう。

 

 

女性の名前すら思い出せない二ノ宮の様子に、こいつはクズだとあきれ果てる怜。そんな2人の様子をまた別の女性が見ていて…。

 

 

「この男を一瞬でも優しいと思った自分を殴りたい!」

 

 

二ノ宮を無理やりタクシーに乗せた怜。人の心が分からないのかと問う怜に、「俺、アンタとなら付き合えるかも」と交際を提案する二ノ宮。

しかし、寄り道のことだと思った怜は「帰ります!」と拒否。

 

 

プライベートなことなんだけど…と言いつつ、二ノ宮は怜に寄りかかって寝てしまいます。

怜もそのまま寝てしまい、それを確認した二ノ宮はそっと怜の肩を抱くのでした。

 

 

「愛になんて溺れない」4話|ネタバレ感想

 

前回、雨池との破局してしまった怜。失恋の傷を癒やすのは、やはり二ノ宮なのでしょうか!?

強きにド正論をぶちかます二ノ宮。いざという時には、とびきり優しくしてくれる様子に、怜の心も少しずつ変わっていっていますね。

 

 

今回も、怜の顔色が悪いことをすぐ気づいた二ノ宮。

「頑張り過ぎ」

「手を抜いたっていいんだよ」

どんな相手でも、この言葉を聞いたらグッときちゃいますね~(#^.^#)

 

 

二ノ宮の女たちのシーンまでは良い感じだったんですけど…(苦笑)見事なクズ男でしたね^_^;

二ノ宮は、「でもアンタは目をそらさない」と怜に言っていました。正義感が強く信念を持っている怜は、確かに魅力的な女性だと思います!

 

 

もう少し2人のトークバトルが見れるかと思っていたのですが、意外と早く恋愛に発展していきそうな予感!

 

 

前回、「愛になんて溺れない」2話のネタバレ感想もありますので、合わせて読んでくださると嬉しいです♪

プチコミックの人気作品、「きっと愛してしまうんだ」のネタバレ感想もありますよー!

宮園いづみ先生の前作、「突然ですが、明日結婚します」のネタバレ感想もあります!よかったらこちらも読んでいただけると嬉しいです!

 

少女漫画を電子書籍でたくさん読みたいなら、実はU-NEXTがとってもおすすめです!
なぜかと言うと…

・漫画、書籍、ラノベなど電子書籍で読める作品数は32万冊以上!
・今登録すると600円分のポイントがもらえる!このポイントだけで漫画1冊読めちゃいますね!
・毎月1200円分のポイントがもらえる!新作少女コミック誌もたくさん読めます!
・追加料金ナシで、70誌以上の雑誌も読み放題!(すご!w)
・新作映画などの見放題作品80,000本、レンタル作品50,000本の合計130,000本の作品が見られる!
・最近、地上波でめっきり見なくなってしまった韓国ドラマの配信数もたくさん!
・本当は見たかったけど見逃してしまったドラマやアニメもすぐに配信される!(これ、地味に嬉しい!!w)
・ファミリーアカウントを使えば、最大4台の端末で視聴できる!
・今なら31日間無料!

電子書籍サイトや動画サイトを別で登録していて毎月課金していたり、レンタルビデオ店などでDVD、ブルーレイを毎月何本かレンタルしているなら、きっとU-NEXTにした方がすごく安くなるはず!
なので、断然オススメです!!

本ページの情報は2018年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!