LALA

【赤髪の白雪姫】102話 ゼンとイザナ陛下の会話にキュンときた…!w|ネタバレ感想|LALA

どうも。御茶の水です。

「赤髪の白雪姫」102話ですが、こちらは20巻に収録されると思います。

 

 

さてさて、まずはあらすじです!
今回は湯の実のレビューですよ~ ヾ ^_^♪

 

 

「赤髪の白雪姫」102話|ネタバレあらすじ

 

楽しい休暇を終えて王城へ帰ってきたゼン達。

翌朝を迎えてゼンがイザナ陛下の部屋の前で

待機していると声をかけられます。

 

 

「ゼン様。」「ハキどの」

「陛下でしたら今朝早くに部屋を出られましたよ。」

ゼンはハキの言葉を瞬時に理解して思わずハッとします。

 

 

ゼンとハキはお互いに幼い頃から知っている仲なので

執務室まで歩きながら話していると何でもハッキリいうハキに

ゼンは戸惑いを隠せません。

 

 

ハキは突然、幼い頃にゼンが自分に花をくれた話をし始めました。

覚えていないゼンは「も・・・申し訳ない」と一言。

しかし、ハキも「ゼン様・・・だったような気がします」

とはっきりしないハキにゼンは思わずジト目で見つめます。

 

 

後にイザナ陛下とゼンは城外で用意された馬で草原へ行くと

ゼンにイザナ陛下は話します。

「お前のことはもう少し王族としての振る舞いを維持してほしいものだとは思うがオレの真似事をするだけの人間にならなくてよかった」

 

 

ゼンは思わぬ言葉にもの悲しそうな表情を見せ

「・・・真似てるんですよ。これでも」とポツリ。

 

 

「だとしてもお前はお前になった。」

「オレがお前の真似を出来ないのがその証拠だ 」

と、幼い頃の思い出を回想するイザナ陛下へゼンは最後にスッと頭を下げて

 

 

「兄上。待っていただきありがとうございます。オレはウィラント城へ行きます。出会った者達と進み、陛下の力になりましょう」

と力強く告げるのでした!

 

 

赤髪の白雪姫 102話はここまで☆

 

 

「赤髪の白雪姫」102話|ネタバレ感想

 

今回もゼンはとってもたくましくて可愛らしかったですね!!

 

 

イザナ陛下に御者として化けて

「お供しても?陛下」

と声をかけたシーンは面白かった!!W

 

 

イザナ陛下はイタズラにすら気づいていませんでしたからねw

普通に「俺を驚かせたかったのか?」

なんて来ちゃってましたから。

 

 

気まずそうに

「・・・はい」と応えるゼンが

可愛くて仕方ありませんでした//

 

 

しかし良い兄弟ですね・・・

兄として素直にゼンを認めたようなセリフに

安堵しましたがドコか寂しい・・・

ゼンの気持ちが手に取るようにわかります。

 

 

次回作も今後の展開に期待したいですね☆

 

 

前回、「赤髪の白雪姫」101話のネタバレ感想もありますので、こちらも読んでくださると嬉しいです♪

 

 

少女漫画を電子書籍でたくさん読みたいなら、実はU-NEXTがとってもおすすめです!
なぜかと言うと…

・漫画、書籍、ラノベなど電子書籍で読める作品数は32万冊以上!
・今登録すると600円分のポイントがもらえる!このポイントだけで漫画1冊読めちゃいますね!
・毎月1200円分のポイントがもらえる!新作少女コミック誌もたくさん読めます!
・追加料金ナシで、70誌以上の雑誌も読み放題!(すご!w)
・新作映画などの見放題作品80,000本、レンタル作品50,000本の合計130,000本の作品が見られる!
・最近、地上波でめっきり見なくなってしまった韓国ドラマの配信数もたくさん!
・本当は見たかったけど見逃してしまったドラマやアニメもすぐに配信される!(これ、地味に嬉しい!!w)
・ファミリーアカウントを使えば、最大4台の端末で視聴できる!
・今なら31日間無料!

電子書籍サイトや動画サイトを別で登録していて毎月課金していたり、レンタルビデオ店などでDVD、ブルーレイを毎月何本かレンタルしているなら、きっとU-NEXTにした方がすごく安くなるはず!
なので、断然オススメです!!

本ページの情報は2018年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!