LALA

【赤髪の白雪姫】105話|ネタバレ感想あらすじ|LALA

どうも。御茶の水です。

「赤髪の白雪姫」105話ですが、こちらは21巻に収録されると思います。

 

 

さてさて、まずはあらすじです!
今回は湯の実のレビューですよ~ ヾ ^_^♪

 

 

「赤髪の白雪姫」105話|ネタバレあらすじ

 

「リュウが一人前の薬剤師になるために何が必要化か?」

ラタはキリトから問われ困惑しつつも

次のようにアドバイスしました。

 

 

ラタ「自分のなりたい人物像にあてはまるものを、

三つ四つ持てばいいんじゃないか。

全部なんて欲張ると結局何もならなくてつまらんし、

誰かを目指しすぎると多分それ以上にはならんぞ。」

 

 

キリト「なんでそう思うの?」

ラタ「若い頃は周りにいろんなやつがいたからな。

自分も含めてのただの感想だ」

 

 

そしてラタは最後にリュウへ

「じゃあな、チビ。好きなようにやれ」

といって去っていきました。

 

 

その後、いつも以上に精力的に薬剤師としての仕事に打ち込むリュウ。

それを心配そうに見ていた白雪は

ベットでつい眠ってしまったリュウに問いかけます。

 

 

「リュウ、リリアスに来てよかったですか?

私もリュウと同じくらい、

ちゃんとリリアスの薬剤師になれているでしょうか」

 

 

しばらくするとオビがやってきて

白雪と共に、

リュウとの別れを惜しみました。

 

 

翌日、リュウはジダンのとこへ行って

リュウ「フォスティリアスの旅のこと。

白雪さんとオビさんが適任だって言ったのは

騎士の人たちとよく関わってるから?」

と問いかけました。

 

 

ここで初めてジダンからほんとうの理由を聞かされたリュウ。

その後オビ、鈴で会食をしているときにリュウは何かを思い出したように

「白雪さんに会って話したいことがある。・・・気がする。」と告げます。

 

 

105話はここまで☆

 

 

「赤髪の白雪姫」105話|ネタバレ感想

今回はリュウの成長を

目の当たりにしながらも

葛藤に苦しむ姿に胸を打たれました。

 

 

やはり白雪とオビも寂しいようで

白雪「リリアスでの任期の最後まで一緒にやりたいなぁと思う」

オビ「師弟だもんね」

というやり取りを笑顔で話す姿に

筆者は心苦しくなってしまいました。

 

 

最後は白雪に対して控えめながら

「話したいことがある」と

オビたちに告げたリュウ。

 

 

一体何を話すつもりなのでしょうか?

次回作はリュウの白雪へ対する気持ちに注目ですね!!

 

 

前回、「赤髪の白雪姫」104話のネタバレ感想もありますので、こちらも読んでくださると嬉しいです♪

 

 

少女漫画を電子書籍でたくさん読みたいなら、実はU-NEXTがとってもおすすめです!
なぜかと言うと…

・漫画、書籍、ラノベなど電子書籍で読める作品数は32万冊以上!
・今登録すると600円分のポイントがもらえる!このポイントだけで漫画1冊読めちゃいますね!
・毎月1200円分のポイントがもらえる!新作少女コミック誌もたくさん読めます!
・追加料金ナシで、70誌以上の雑誌も読み放題!(すご!w)
・新作映画などの見放題作品80,000本、レンタル作品50,000本の合計130,000本の作品が見られる!
・最近、地上波でめっきり見なくなってしまった韓国ドラマの配信数もたくさん!
・本当は見たかったけど見逃してしまったドラマやアニメもすぐに配信される!(これ、地味に嬉しい!!w)
・ファミリーアカウントを使えば、最大4台の端末で視聴できる!
・今なら31日間無料!

電子書籍サイトや動画サイトを別で登録していて毎月課金していたり、レンタルビデオ店などでDVD、ブルーレイを毎月何本かレンタルしているなら、きっとU-NEXTにした方がすごく安くなるはず!
なので、断然オススメです!!

本ページの情報は2019年3月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!