LALA

【赤髪の白雪姫】98話|ネタバレ感想|LALA

どうも。御茶の水です。

「赤髪の白雪姫」98話ですが、こちらは20巻に収録されると思います。

 

 

さてさて、まずはあらすじです!
今回は湯の実のレビューですよ~ ヾ ^_^♪

 

 

「赤髪の白雪姫」98話|ネタバレあらすじ

 

今回ゼンは、ミツヒデが木々に話した縁談の話を断る理由について迫りました。

 

 

ゼンも期待を裏切るような返答をしたミツヒデに動揺を隠しきれない様子で

ゼン「おまえ・・・この先持ちかけられる縁談はどうするんだ」

と問いかけます。

 

 

するとミツヒデは「これまで通り断る」と即答するのです。

その返答にゼンは優しく

ゼン「相手ができるか、その気になるまでか?」

とミツヒデの想いを聞き出そうとしますが・・・

 

 

ミツヒデ「ずっとだ。独り身でいる。」

ミツヒデの言葉にもうゼンは我慢できず声を荒げ

ゼン「なんで、そうなる!?」

 

 

するとミツヒデは思いつめたような表情で話し始めたのです・・・

ミツヒデ「オレはゼン様を守るために生きていく。そばにいても守れないことだってある・・・死なせてしまうかもしれなかった」

 

 

ミツヒデは剣を奪われたことが未だに頭に留まったままで縁談の話に踏み切れずにいました。

 

 

しかしゼンは理由に納得行くはずもなく

ゼン「おまえ、セレグ騎士団に戻れ」

と突き放します。

 

 

ミツヒデ「どうしてそうなるんだ!?」

ゼンはミツヒデの思い描く身を挺した守り方ではなく、どんな場面でも協力して切り抜けようとする木々やミツヒデといることが大切だと考えていたのです。

 

 

今回はまとめていますが、このときのゼンはとても怒っていながら最後は愛情のある温かい表情になっていて思わず涙を流すミツヒデの気持ちが痛いほど伝わりました。

最後は無事ぎこちなさも解消されて木々とミツヒデ、二人で朝食を食べています。

ミツヒデが下した決断に微笑む木々。

その決断の内容は…???

 

 

「赤髪の白雪姫」98話はここで終わり。

 

 

「赤髪の白雪姫」98話|ネタバレ感想

 

本編はどこか思いつめてしまいがちなミツヒデに対するゼンのカッコイイ対応が印象的でした//

 

 

最初から木々を思うあまり、頭を抱えるゼンから優しさがにじみ出ています。

しかし、最初からミツヒデを責るのではなく、優しく問いかけるあたりがなんとも言えません!!

 

 

そしてミツヒデを説得するときに

ゼン「勝手に思いつめるなお前は!」

と殴ってしまうのですが、想いを話しそのまま目の前に座りこんで

ゼン「おまえはそういう守り方をずっとしてくれている」

とまっすぐ目を見て言ってくれるのです!!

 

 

これには感動しました・・・//

 

 

ゼンは本当に励ますのが上手ですよね。

やっぱり頼もしい!!

アメとムチの使い分けを見習いたいものですw

 

 

最後はミツヒデも笑顔で

「ゼンのほうがオレよりずっと強くなったなあ」

と感心していましたからねw

これからもこの二人には良い関係でいてもらいたいものです♪

 

前回、「赤髪の白雪姫」97話のネタバレ感想もありますので、合わせて読んでくださると嬉しいです♪

 

少女漫画を電子書籍で読むなら、無料で読める作品もたくさんあるまんが王国が断然オススメです!

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみにーー!