花とゆめ

【暁のヨナ】159話|ネタバレ感想|花とゆめ

どうも。御茶の水です。

「暁のヨナ」159話ですが、こちらはおそらく28巻に収録されると思います。


こちらは草凪みずほ先生のツイートから!
27巻の表紙ですね!いやーぁ、見とれちゃいますねぇ…ww

さて!
というわけで、今回のレビューはきゅう須ですよ~!୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

 

「暁のヨナ」159話|ネタバレあらすじ

 

民衆や衛兵のバカ騒ぎにヨナを巻き込んでしまったことを土下座して謝るテジュン。

しかし、ヨナ達は部下からもらった野菜を食べるほど気にしていません(笑)

 

 

結局、民衆のことを考え彩火城で一晩過ごすことに。

そこに、テジュンの母が登場!「私の友人で…」と紹介するテジュンだが、見慣れない髪色のヨナ達に、テジュンの母は何か気づいた様子。

 

 

一方キョウガは、ご飯を食べた後お風呂(本日2度目)に入ります。

しかし、そこへユンやゼノ達とまさかの鉢合わせ(; ・`д・´)

「なぜお前たちはここにいる!?ここを開けろ‼」

「死んでも開けるなーッ」

お互いに押し問答していると、ドアが壊れてキョウガが倒れてしまいました(‘’Д’’)

 

 

その頃ヨナとハクは、大きい部屋と最高級のおもてなしに感動しています。

寝室を覗くと、1つの布団にまくらが2つ!しかも、女官からは「夜用ですのよ♡」と香水を貰います。

完全にテンパるヨナと超冷静に香水を嗅ぐハク(笑)

 

 

そこに、お風呂にいたユンたちが慌てた様子でやってきます。

額に大きなたんこぶをした失神中のキョウガを連れて(笑)

「このまま目が覚めても僕ら殺されるね」

 

 

悩むヨナ達の元へ、「キョウガ…?」まさかのテジュンの母が登場(゚Д゚;)‼

ヨナ達は一気に窮地へ…!?

 

 

リ・ハザラの城では、リ・ハザラと北戒トゥーリ族の王イン・クエルボが何やら話しています。

 

 

高華王国が欲しいイン・クエルボと、白き化け物を倒したいリ・ハザラ。

同盟を組んだ2人は、再度高華国を攻めようと計画するのだった…。

 

 

「暁のヨナ」159話|ネタバレ感想

 

今回は、ほぼお笑い回でしたね(笑)

テジュンの別荘に泊まるはずが、結局彩火城に行く羽目になったし( ̄▽ ̄)

 

 

キョウガにも見つかり、ついでに母親にも感づかれ…(苦笑)なんだか最初から最後まで賑やかな展開になりました!

まず、お風呂場のシーン。いくら闘争心が騒いだからって、火の部族の一番偉い人にケガさせちゃダメだって(笑)キジャはやり過ぎだ~(;´・ω・)

挙句の果てにママには見つかるし、一体どうなることやら…(*_*;

 

 

ヨナとハクの部屋のシーン。相変わらずヨナの純粋っぷりに顔がにやけます(#^^#)

女官のおせっかいで用意された夜用の香水を、「安眠できる香水」と思って塗ってしまうところとか!

1つしか用意されていない布団に顔が真っ赤になるところとか!可愛い(≧▽≦)‼

 

 

それに対してハクは、布団も香水も当たり前のように受け入れていたけど…。

なんだろ、「いつでもウェルカム!」って感じなのでしょうか…?(笑)

ヨナのこと好きなわけだし、当然っちゃ当然の考え方ですね^^;

 

 

最後に、リ・ハザラとイン・クエルボの嫌~な会話がありました…。

また高華国がピンチ!ヨナ達は、あまりのんびり過ごすわけにはいきませんね(; ・`д・´)

今回登場しなかったケイシュクの動きも気になるし、次回は一体どうなるんだろう…。

 

 

少女漫画を電子書籍で読むなら、無料で読める作品もたくさんあるまんが王国が断然オススメですよ!

 

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!