漫画アクション

【あなたがしてくれなくても】16話|ネタバレ感想あらすじ|漫画アクション

どうも。御茶の水です。

「あなたがしてくれなくても」16話ですが、こちらはおそらく3巻に収録されると思います。

 

御茶の水
御茶の水
カラダだけの関係もむなしいかもしれないけど、カラダの関係があってもなおむなしい夫婦関係って、もうどうしたらいいのかわからないよね…
湯の実
湯の実
これは自論だけど、一度冷めた気持ちをもう一度燃やすのは不可能だと思うわ。
きゅう須
きゅう須
湯の実ちゃん…!わかる、わかるよ!気づいた時にはもうだいたい手遅れなんだよね…
御茶の水
御茶の水
ということは、もう誠さんとの不倫まっしぐらな展開なのかなぁ…?

 

 

というわけで、最終回のあらすじです!
今回は湯の実のレビューですよー ヾ ^_^♪

 

 

「あなたがしてくれなくても」16話|ネタバレあらすじ

 

夫・吉野陽一から突然のキスされ、心残りを残しつつセックスレスから無事開放されたみちは翌朝、新名誠から着信があったことを知ります。

 

 

誠「突然すいませんでした。今日ってお時間あります?」

最後に新名誠と顔を合わせたとき、どこか寂しそうな顔をしていたことを思い出したみちはすぐに新名誠と会うことを約束しました。

 

 

二人は公園のベンチで腰掛け、みちは新名誠の顔を覗き

みち「あの・・・何かありましたか?その・・・奥さんと・・・結婚記念日上手くいったんじゃ・・・」

誠「・・・恥ずかしながら本当は上手く行かなかったんです」

 

 

誠は結婚記念日に起きたことを正直に話し始めます。

妻に仕事が入ってしまったこと、気持ちを伝えることで妻を責めるような形になってしまったこと・・・

 

 

誠「でも、いつまでも変わらない妻への不満と焦りからあの日にこだわってしまって・・・」

ここで誠は自分の本当の気持ちに気づいてしまうのです。

 

 

誠「体を重ねればそこに愛があるってそう思って頑張ったきた。でも・・・ないことに気づいてしまった。」

その言葉にみちも心残りだった陽一のセックス中の行動を思い出し、体を重ねることが解決にならないと気付かされます。

 

 

誠「バカみたいですよね」

このあと、悲しく笑う誠に耐えられなくなったみちは
誠にある行動をとり、ラストを迎えるのでした…

 

 

16話はここでおわり。

 

 

「あなたがしてくれなくても」16話|ネタバレ感想

 

みちも誠もとうとう、気づいてしまいましたね・・・

セックスでまた愛が生まれて幸せな夫婦生活が送れると思っていたのにそうではなかった。

 

 

ものすごくリアルな展開に筆者も胸が締め付けられました。

そして繊細な誠の胸中が言葉、表情でうまく描かれています。

 

 

予約していたディナー先で待っていた誠が

「一人で店にいるのが恥ずかしいやら虚しいやら・・・」

とつらい思いをした挙げ句セックスレスを脱却しようとすれば

 

 

誠の妻「どうぞ、それであなたが満足するなら」

といわれてしまう始末・・・(泣)

 

 

こんなの、耐えられなくなるに決まっていますよね!!

みちも誠も夫婦間に愛のあるセックスを求めているだけでなぜこんな気持ちがならなくちゃいけないのでしょうか・・・

 

 

いつかはどんな形であれ救われてほしいものですが…(泣)

 

 

「あなたがしてくれなくても」1巻のネタバレ感想もありますので、こちらも読んでくださると嬉しいです♪

 

 

少女漫画を電子書籍で読むなら、無料で読める作品もたくさんあるまんが王国が断然オススメですよ!

 

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!