BE LOVE

【ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~】19話|ネタバレ感想あらすじ

どうも。御茶の水です。

「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」19話ですが、こちらはおそらく4巻に収録されると思います。


こちらは丘上あい先生のツイートから。
「ギルティ~泣かぬ蛍が身を焦がす~」19話の中身チラ見せ、ありがとうございます!!

 

というわけで「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」19話のネタバレ、あらすじです!
今回はきゅう須がレビューしていきますよ!

 

 

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」19話|ネタバレあらすじ

 

自殺を図ろうとした爽だったが、間一髪の所で若菜に救われます。

 

 

「自己否定したって楽にならないでしょ」

「私のことまで突き放さないでよ。一人になんないでよ」

 

 

高校時代、爽の発言を繰り返す若菜。

 

 

若菜の言葉に涙を流す爽。そして、なぜ瑠衣がここまで自分に執着するのか知るべく、瑠衣の過去を探り出します。

 

 

一方瑠衣は、爽の母が眠る病室に忍び込み、「爽だよ、お母さん」と語りかけるのでした…。

爽のいきつけの居酒屋では、最近爽と瑠衣が顔を出さないことが話題に。

そこで、バイトの未来は店外で瑠衣と寺嶋を見たと話します。

しかも、寺嶋は瑠衣を突き飛ばし、笑いながら去っていったというのです。

 

 

「あの日に彼らしき男が爽さんと店に来たんで…」

「だから最初から瑠衣のこと怪しんでたのか…」

 

 

その頃爽は、瑠衣の家に黒く塗りつぶされた卒アルの存在を思い出します。

そして、若菜と卒アルを探しに瑠衣の母校へ行くことに。

 

 

図書室から卒アルを見つけ出し、塗りつぶされた辺りを確認すると…。

「秋山 瑠衣」

高校時代に秋山と付き合っていた頃、店の端にいた女の子…。

 

 

秋山も、秋山の父もあまり触れて欲しくないような扱いを受けていた女の子。

家族写真にも写らない女の子。

瑠衣はあの女の子だと分かった爽は、顔面蒼白になり崩れ落ちます。

 

 

そして、店にいる秋山の元へやってきたのが…

「ひさしぶり、お兄ちゃん」

 

 

微笑む瑠衣なのでした。

 

 

「ギルティ~泣かぬ蛍が身を焦がす~」19話|ネタバレ感想

 

ひえ~!まさかまさか瑠衣は秋山の妹だったとは…。

ぶっちゃけ秋山は登場しないと思っていたので、これは衝撃展開ですね!

 

 

今回読んでみて、新たな謎が生まれました。

1つは、なぜ秋山たちは瑠衣の存在を隠そうとしたのか?

血が繋がっていない…?無数の傷跡があることから、秋山に虐待されていた…?

この予想が当たってしまったら、聖人だと思っていた秋山はとんでもない野郎になりますが…汗

なんだか色んな人の化けの皮が剝がれていくのが恐ろしい。。。。

 

 

もう1つは、瑠衣と寺嶋の関係。

今回読むまでは、「瑠衣>寺嶋」だと思っていたんですけど、突き飛ばすということは案外「瑠衣=寺嶋」なんですかね?

そして、ほくそ笑む寺嶋を見る限り、そうとうヤバイ奴なんだなと思いました(笑)

 

 

この回で爽がなんとか復活してくれたのが良かった…。若菜のおかげだね!うん!

 

 

次回は、おそらく歪んだ秋山家について描かれると思うので(笑)楽しみに待っていたいと思います!

前回、「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」18話のネタバレ感想もありますので
合わせて読んでいただけると嬉しいです!୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

 

少女漫画を電子書籍で読むなら、無料で読める作品もたくさんあるまんが王国が断然オススメです!
なんと言っても、「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」の最新話まで読める分冊版があるのは、まんが王国だけなんです!!

 

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!