BE LOVE

【ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~】21話|ネタバレ感想あらすじ

どうも。御茶の水です。

「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」21話ですが、こちらはおそらく4巻に収録されると思います。

 

さて、というわけで「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」21話のネタバレ、あらすじです!
今回はきゅう須がレビューしていきますよ!

 

 

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」21話|ネタバレあらすじ

 

秋山から「瑠衣をそっとしといてほしい」と言われてしまった爽。

 

 

こちら側の意見を聞こうとしない秋山に「だんだん腹立ってきた‥」と若菜に電話で愚痴ります。

若菜は、これ以上爽から奪えるものはないわけだから、何か楽しいことを考えよう!と提案。

久々に笑った爽は、「会うべき人と会ってちゃんと話そう」「こんがらがった糸を1本ずつほどこう」と決心するのでした。

 

 

まずは、優希に会いに行った爽。どうして、カズと優希の姉との不倫や子供のことを黙っていたのか聞いてみます。

「いい子ちゃんの爽が嫌いだった」

「顔見るのもしんどかった」

黙っていてしんどい思いをしていた優希に、「優しいね」と話す爽。

 

 

過去に不倫をしていた優希は、不倫相手の奥さんと爽がダブっていたことを正直に話します。

そして、爽の友達と名乗る女性から口止めされていたことを聞かされた爽。

 

 

瑠衣だ…。

 

 

カズの秘密を自分の口から言いたかったために、優希にまで接触していたのか?

爽はさらに怒りがこみあげてきて…。

 

 

次に爽が会った相手はカズ。

瑠衣の正体を知ったカズは戸惑いを隠せない。

秋山のことを大事な人と話す爽。

 

 

瑠衣から「大事な人は普通1人だ」と聞いていたカズは、自分は元々2番目だったんじゃないのかと尋ねます。

カズ以外の人と体を重ねないことが自分の正義だったと答える爽。

 

 

爽の気持ちに気づき、自分が犯した過ちを謝罪するカズ。

爽は特に気にしない様子で、瑠衣の共犯者・寺嶋について知らないのか聞きます。

爽が寺嶋の下の名前を言った瞬間、カズの顔色が変わり…。

 

 

その頃、瑠衣は寺嶋と一緒にいました。

「全然足りないね」

「ゾクゾクするよ。あいつも全部失うなんてさ」

ほくそ笑みながら瑠衣を抱く寺嶋。

 

 

慌てた様子で瑠衣に電話を掛け続けるカズ。

「俺の…別れた嫁の弟だ…」

寺嶋の本名は「東睦月」

 

 

なんと、カズの元嫁の弟だったのです。

 

 

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」21話|ネタバレ感想

 

瑠衣の復讐の道具として使われただけだと思っていたカズ。なんと寺嶋と繋がりがあったようですね!

 

 

カズの元嫁・弥生が自殺したから、その恨みを晴らそうとしている…。

爽を復讐したい瑠衣とカズを復讐したい寺嶋の思惑が一致したって感じでしょうね。

 

 

個人的には、もうカズの出番はないと勝手に思っていたので(笑)すごく驚きました!

爽の本心を聞くまでは、相変わらずダメ男っぷりが発揮していくカズ。

瑠衣を呼び捨てで呼んだり、「本当は秋山が好きで、自分は2番目だったんじゃないか」と言い出したり(苦笑)

いやあ~読んでいてイライラしてきますね~^_^;

 

 

一方爽は、前を向いて進みだした感じがします!

若葉という味方も出来たし、優希とも本音で語り合えたし…。

このまま良い方向に進んでくれたらいいなあ(*´ω`*)

 

 

この先、カズと寺嶋の関係がもっと深堀されていく予感がしますΣ(゚Д゚)ドキドキ

毎回衝撃的な展開が待ち受けているギルティ!次回も、楽しみに待っていようと思います!

 

 

前回、「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」20話のネタバレ感想もありますので
合わせて読んでいただけると嬉しいです!୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

 

少女漫画を電子書籍で読むなら、無料で読める作品もたくさんあるまんが王国が断然オススメです!
なんと言っても、「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」の最新話まで読める分冊版があるのは、まんが王国だけなんです!!

 

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!