BE LOVE

【ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~】27話|ネタバレ感想あらすじ

どうも。御茶の水です。

「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」27話ですが、こちらはおそらく6巻に収録されると思います。


こちらはBE・LOVE編集部様のツイートから!
中身チラ見せ、ありがとうございます!!

 

さて、というわけで「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」27話のネタバレ、あらすじです!
今回はきゅう須がレビューしていきますよ!

 

 

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」27話|ネタバレあらすじ

 

蛍太が寺嶋によって連れ去られてしまい焦る秋山たち。

秋山の妻・美和子は自分のせいだと泣き続けています。

 

 

美和子を若菜に任せ、瑠衣の家へ向かう秋山。

若菜から事情を聞いた爽も瑠衣の家へ駆けつけます。

 

 

瑠衣が爽にした嫌がらせを聞いた秋山は、謝罪を繰り返すばかり。

秋山の頬をひっぱたき、「しっかりしなさい!」と叱咤する爽。

 

 

後瑠衣のマンションに行くも、瑠衣はすでに引っ越していました。

 

 

その後、交番で保護されている蛍太を発見し一安心。

誰に連れてきたのか尋ねる爽に、「おにいちゃん」と答える蛍太。

「おにいちゃん」とは、いったい…。

 

 

寺嶋の顔が思い浮かぶ爽に、警察官は中学生が見つけて連れてきたと話します。

秋山の店で帰りを待つ美和子と若菜。

 

 

秋山とバイト先で知り合ったと話す美和子は、爽は元カノじゃないかと話します。

20年前だからと場を和ます若菜だが、見えないところで暗い顔を見せる美和子なのでした…。

 

 

一方、交番からの帰り道。

もう一度話をしたい秋山に対して、「秋山を恨んだら、秋山を支えにしてきた自分を否定することになっちゃうじゃん」と笑う爽。

 

 

そのまま、最寄り駅で別れを告げるのでした。

お店に戻った秋山は、若菜から離婚などが会社に広まり爽が週刊誌に異動したことを知ります。

 

 

そして、2人の話を聞く美和子。

若菜が店を出る時、蛍太がいなくなったことについて責める恵那。

 

 

そんな恵那を抱きしめた美和子は、「恵那ちゃんが悪いんだよ。恵那ちゃんのママもね」「おばちゃんは何も悪くない」と問いかけます。

蛍太の安否を心配する中学生たちに、「きっと会えたと思うよ、ママに」と話しかける瑠衣。

 

 

その夜、美和子のスマホに知らない番号が…。

電話の相手は瑠衣。色々教えといてあげたと話す瑠衣に、蛍太から何を聞いたのか問いただす美和子。

 

 

「ママは…どろぼうさんなの…?」

蛍太の言葉に絶句する美和子なのでした。

 

 

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」27話|ネタバレ感想

 

とりあえず蛍太が無事で良かった~!

瑠衣の目的は、危害を加えるというよりは蛍太に何か吹聴することが目的だったようですね!

 

 

その内容が、どうやら秋山の妻・美和子に関係しているようで…!?

ダークな部分が出てきた美和子は、一体何を隠しているんでしょうか?

 

 

そして、蛍太が話した「どろぼうさん」とは…。

瑠衣がつぶやいた「ママ」というワードも気になります。

 

 

もしかして、美和子は蛍太の本当の母親じゃない…?まさか瑠衣が本当の母親…?

そしたら、秋山は瑠衣と…?変な想像が膨らむばかりです(;´・ω・)

 

 

爽の前向きな表情が唯一のポジ要素。しかし、今度は秋山の家庭が崩壊するんじゃないだろうか………。

次回は、美和子の秘密が開かされる予感!

 

 

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」26話のネタバレ感想もありますので
合わせて読んでいただけると嬉しいです!

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」25話のネタバレ感想もありますので
合わせて読んでいただけると嬉しいです!୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」24話のネタバレ感想もありますので
合わせて読んでいただけると嬉しいです!୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」23話のネタバレ感想もありますので
合わせて読んでいただけると嬉しいです!୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」22話のネタバレ感想もありますので
合わせて読んでいただけると嬉しいです!୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

少女漫画を電子書籍で読むなら、無料で読める作品もたくさんあるまんが王国が断然オススメです!
なんと言っても、「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」の最新話まで読める分冊版があるのは、まんが王国だけなんです!!

 

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!