モバフラ

最新話♡【花嫁に配属されました】34話|ネタバレ感想あらすじ|モバフラ

どうも。御茶の水です。

「花嫁に配属されました」34話ですが、こちらは7巻に収録されると思います。

 

御茶の水
御茶の水
今回もキレッキレの1話完結、ハッピーエンドだったね!
湯の実
湯の実
そうね。さしずめ、”桃乃みく劇場”といった感じかしら。作者様の夏祭りにかける情熱みたいなものを感じた回だったわね
きゅう須
きゅう須
なんかさ、ちょっとだけハーレクインっぽい展開なんだよねぇ、「花嫁に配属されました」って!ピンチに陥る主人公を助けるヒーロー。クールになんでもそつなくこなし、少し上から目線の強い口調ではあるけど、次第に心打ち解けて主人公への愛を囁くの!そして最後は必ずハッピーエンド!w
御茶の水
御茶の水
あーー!!超わかるーーっ!!前からあたしもそれ気づいてた!ww ハーレクインってちょっと絵柄が古い感じがしてとっつきづらいとこあるけど、実は良作も多いんだよね!

 

さてさて!今回は私、御茶の水のレビューですよー ヾ ^_^♪

 

「花嫁に配属されました」34話|ネタバレ感想あらすじ

 

パーンッ

 

人混みの中で、乾いた音が鳴り響く。

そこには銃を持ち、たたずむ誠治の姿が…。

 

射的屋の男性「ここまで百発百中!お兄さんスゴイね!」

誠治「俺を誰だと思ってる…

桐生誠治だ」

 

 

もう一度(射的用の)銃を構え、みごと命中させる社長www

そう、鈴花と誠治はお祭りに来ていました。

わたあめを片手に、誠治の活躍を遠目から見守る鈴花w

 

 

射的屋を攻略して満足げな誠治。
たが、鈴花はコレジャナイ感があるようで…

鈴花「なんていうか…お祭りってなんかこう…」

そう思いつつ、頭の中で金魚すくいをしながら2人でキャッキャしているシーンを想像する鈴花。

…そんな鈴花を横目に、次の射的屋へ一人で向かってしまう誠治ww

 

 

すると、鈴花はひょんな事からお好み焼き屋を手伝う事に。

お好み焼き屋のおじさんとの会話の中で、おじさんの奥さんとの馴れ初めを聞く鈴花。

昔は夫婦二人で屋台を出していたようで、今は奥さんの方が腰を痛めてしまって今年は一人で屋台を出す事に。

鈴花「夫婦で屋台かぁ

いいなぁ、そういうの…」

おじさんが羨ましくなってしまう鈴花。

 

 

射的が終わり、戻ってくる誠治。

誠治「なーにしれっと屋台やってんだよ」

仮面ライダー風のお面をかぶってやって来た誠治がお茶目でかわいいw

 

 

すっかり屋台のおじさんとも打ち解ける誠治。

誠治「失礼だが、見たところまだ原材料が大量に…」

と、キャベツなどの材料が余っている事に気づきます。

 

 

どうやら屋台のおじさんは今年が最後の出店にするつもりだったようで、張り切って大量に仕入れてしまった模様…。「やっぱり発注ミスだったな…」と嘆きます。

誠治「…なら、なおさら完売させるべきだな」

「え?」と驚いた表情の鈴花。

 

 

すると、袖をまくり、マヨネーズ片手に颯爽とお好み焼きを焼き始める誠治!!w

途端にお好み焼きが売れ始め、鈴花もキャベツの千切りを手伝う事にw

ところが!
隣にあるりんご飴の屋台まで行列ができてしまったようで、クレームが入ってしまいます…!

 

 

それに気づいた誠治は、「りんご飴はポリフェノールが入って美肌効果あり! あと、カリウムはむくみ防止!」と叫びます!ww

すると、隣のりんご飴の屋台まで繁盛していき、思わず誠治とりんご飴屋の店主が揃ってガッツポーズ!w

 

 

お好み焼き屋の手伝いがひと段落すると、「では、我々はこれで」と鈴花を担いでしまう誠治。

誠治「婚約者がお世話になりました

もう、目は離さないので」

と言ってその場を去る二人。

 

 

どこに行くのかと思えば、行き着いたのは屋台の休憩所。

鈴花は慣れない下駄でたくさん歩いたり、屋台の手伝いをして足にマメができていたようで、誠治はそれに気づいていたのです…!
だから、鈴花を担いでお好み焼き屋を去ったんですね!

 

 

鈴花「もっと屋台を見て回りたいんじゃないですか? 私、ここで待ってますから、一人で行ってきても…」

と言うと…急に鈴花を押し倒します。

誠治「……なめんな」

その言葉に、呆然とする鈴花。

 

 

誠治「お前といなきゃ意味ないだろ

俺を、お前こそほっとくなよ」

 

 

そう言いながら、鈴花を押し倒す誠治。
キャーー!!ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃

そっとキスをしながら鈴花の服を脱がせていると、外では花火が始まります。
お祭りもいよいよクライマックス。

 

 

「花火、今から見に行くか?」と少し意地悪な表情で聞く誠治。

鈴花「い…いじわる…!」

誠治「…その顔、お前が俺を煽ってんだからな」

 

 

トロけた表情の鈴花に、欲情する誠治。
そして、そのまま体を重ねていきます。

 

 

鈴花「ん…! あ…っ」

誠治「………抑えるなよ

声出しちまえ 俺しか聞いてないから」

そしてそのまま、果ててしまう二人。

 

 

その後、浴衣を着直していると

鈴花「ちゃんと着付けている間に社長とツーショ撮っておけば良かった…」

と漏らす鈴花。

 

 

誠治「また、来年きた時でいいだろ

お前のやりたい事、俺も付き合ってやる」

その言葉に思わずときめく鈴花。

 

 

「来年も再来年も、その先もずっと

夏といえばお祭り

そして隣には、あなたがいさえすればいい」

と思いながら、誠治の腕に抱かれる鈴花なのでした。

 

 

少女漫画を電子書籍でたくさん読みたいなら、実はU-NEXTがとってもおすすめです!
なぜかと言うと…

・漫画、書籍、ラノベなど電子書籍で読める作品数は32万冊以上!
・今登録すると600円分のポイントがもらえる!このポイントだけで漫画1冊読めちゃいますね!
・毎月1200円分のポイントがもらえる!新作少女コミック誌もたくさん読めます!
・追加料金ナシで、70誌以上の雑誌も読み放題!(すご!w)
・新作映画などの見放題作品80,000本、レンタル作品50,000本の合計130,000本の作品が見られる!
・最近、地上波でめっきり見なくなってしまった韓国ドラマの配信数もたくさん!
・本当は見たかったけど見逃してしまったドラマやアニメもすぐに配信される!(これ、地味に嬉しい!!w)
・ファミリーアカウントを使えば、最大4台の端末で視聴できる!
・今なら31日間無料!

電子書籍サイトや動画サイトを別で登録していて毎月課金していたり、レンタルビデオ店などでDVD、ブルーレイを毎月何本かレンタルしているなら、きっとU-NEXTにした方がすごく安くなるはず!
なので、断然オススメです!!

本ページの情報は2018年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!