デザート

【春待つ僕ら 41話】ネタバレ感想/あなしん/デザート

どうも。御茶の水です。

「春待つ僕ら」41話ですが、こちらはおそらく10巻に収録されるかと思います。

私、前から思ってたんですが…

恭介と黒子のバスケの緑間って、ちょっと被ってません?

え、被ってないかな?…メガネかけてるだけ??笑
何巻だったか忘れてしまったのですが、前に恭介が不意をついて3Pシュートをシュパッとキメてる時があって、「メガネで3Pシューターといえば…緑間だ!!」って思ったんですよねぇ笑笑

安易過ぎ???(´・ω・`;)

で、恭介が緑間となると、竜二は黄瀬ですかねー。あ、短髪だから青峰か。瑠衣が黄瀬ですね!失礼、失礼。でもさー、赤司くんと紫原がいないですよねー?永久は黒子でしょ?…え、だって火神タイプじゃないですよねー。

なのでまとめると…

恭介 ⇒ 緑間
竜二 ⇒ 青峰
瑠衣 ⇒ 黄瀬
永久 ⇒ 黒子

こんな感じですかね!笑笑笑

というわけで(どんなワケよ!笑)、まずはあらすじです!

 

「春待つ僕ら 41話」ネタバレ感想

「今は神山さんのケガが早く治ることが美月の一番だと思う」

 

自分のせいでケガを負ったあやを心配する美月を見た永久は、皆で温泉に行くことを提案する。

 

戸惑うあやをなんとか誘う美月。こうして、美月、永久、あや、竜二、恭介、瑠衣、レイナ、ナナの8人で温泉旅行に出発することに!(^^)!

 

車に乗り込む前に、みんなに挨拶をするあや。もちろんナナにも挨拶するが、急に竜二があやの前に立ち、「ナナさん! コイツの目 3秒以上見ないで…!」とさえぎる!笑

 

あやは竜二の肩に手をかけ、「…大丈夫 美月以外に全く興味ないから …ナナさんと楽しい旅行になるといいね」とささやくのでした。

竜二「—-?! コイツ… いいヤツじゃねーか…」

って、竜二、単純かっ!!笑笑

 

最初は嫌がっていたあやだったが、皆にお土産を買ってくるなど楽しそうにする様子を見て美月は安心する。

 

先に温泉に入る女子3人。

あやのケガが治り、安心した美月の顔が見たい…心からそう思っていた永久。

 

そんな永久の気持ちを、不意に知った美月は顔が真っ赤っかに!

ほーんと、美月はかわいいなぁ(´▽`*)

 

女子が温泉で盛り上がっていると、男子組は卓球大会に!

ビリになってしまった永久は、なんと全員分のコーヒー牛乳をおごることに…!

8人分のコーヒー牛乳って、結構キビしくない??高校生ですよ?笑

 

財布を取りに一旦部屋に戻る永久だが、美月は後を追いかけることに。

 

美月を呼び止めようとするあやでしたが、「2人で風呂に入ろう」と誘う恭介。

 

一方、美月は急いで追いかけるあまりすそを踏んづけでもしたのか、永久の前でビターーン!!と派手に転んでしまう…(;・∀・)

恥ずかしがる美月に、笑いながら手を握る永久ヽ(^o^)丿

やっぱ優しいなぁ、永久は。(^^)

 

一方、温泉に入ろうと脱衣所で2人きりになったあやと恭介。

なにやら不穏な空気が漂います…

 

恭介「この不自然な距離感 裏があるとしか思えないじゃない」

 

あや「…バレてたか めんどくさいなぁ キミは

でも別に汚いこと企んじゃいないから 安心してよ」

 

 

少し影のある表情で、そう言うあや。

え?え??絶対企んでるでしょ…?汗

 

 

恭介「…いや もっと汚いことしてくれていいよ

 

結局

 

最後に勝つのは正しいほうなんだし」

 

 

今回の恭介はなんだか一味違いますね…!

とってもカッコイイ〜〜♡

 

 

不自然な距離感を取り続けるあやに警戒する恭介。

 

あや「…それは違うよ 最後に勝つのは いつだって強いほう

強いほうが 必ず勝つよ」

 

そう言って、余裕のほほえみを見せるあやなのでした…。

 

 

「春待つ僕ら/41話」感想

 

 

前回、あやと美月の目の前で

 

「美月は渡さない」

 

な~んて胸キュン台詞を言った永久♡♡Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

 

 

個人的にその続きを期待してたんですが、いつものメンバーと一緒に帰るシーンから始まりました^^;

 

「美月かっさらっちゃて帰っちゃうくらいでも良かったんじゃ…」

 

こんな瑠衣のセリフがあるんですけど、私もめっちゃ同感しました‼

 

でも永久は美月の気持ちが第一。そんなことしても美月の笑顔は取り戻せない。だから温泉を提案しちゃうところがまた永久らしい(笑)

 

美月が羨ましいですね~イケメン2人から愛されるなんて♪1巻の冒頭では元ぼっちだったのが信じられないくらい!(^^;)

 

そしてびっくりしたのが…あやも含めて皆で温泉に行く展開!これは一波乱ない方が不自然ですよね!(笑)

 

皆と距離を縮めようとするあやの行動に、確かに私も違和感覚えました…何を企んでいるのやら(.😉

 

「最後に勝つのは強いほう」とか言っちゃうあたり、美月を自分のものにする自信があるのでしょうか??あるんでしょうね…?たぶん。

 

幼馴染という部分では強いけど、美月と永久の愛には叶わないと思うけどなあ…。温泉でのナナとレイナの会話の中で、レイナが「実は美月ちゃんの中で 神山さんの存在って 自分でもわかってないくらい大きくなってんのかなって思ったんですけど」というセリフがありましたが…変なフラグになっていないといいんですがねぇ…

 

でも、この旅であやは何かしらアクションをかけてくるんでしょうね!それはきっと間違いない…!( ゚Д゚)ドキドキ

 

次回も温泉旅行編ということで、三角関係の行方を見守ろうと思います~~♡

 

 

「春待つ僕ら」42話のネタバレ感想もありますので、よかったら読んでいただけると嬉しいです♪

 

 

同じデザートの作品で「なのに、千輝くんが甘すぎる。」のネタバレ感想「リビングの松永さん」のネタバレ感想もありますのでよかったらこちらもどうぞ♪

 

少女漫画を電子書籍で読むなら、無料で読める作品もたくさんあるまんが王国が断然オススメですよ!

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!