Cheese!

最新話!【金色ジャパネスク】 9話(3巻) 麟太郎「おまえが好きだ!」 |ネタバレ感想あらすじ|Cheese!

どうも。御茶の水です。

「金色ジャパネスク」9話ですが、こちらは3巻に収録されると思います。

 

というわけで、まずはあらすじです!
今回は、きゅう須のレビューですよ~ ヾ ^_^♪

 

 

「金色ジャパネスク」9話|ネタバレあらすじ

 

「あなたのこともっと知りたい―」

 

 

茉莉亜から出た言葉に、麟太郎はもちろん言った本人も驚いています。

 

 

帰ろうとする茉莉亜の腕を掴む麟太郎。

「今のはどういう意味だ?」と聞く麟太郎に、茉莉亜は顔を真っ赤にさせながら帰ってしまいます。

 

 

茉莉亜の表情を見て、思わず「反則すぎる…」と呟く麟太郎なのでした。

その日の夕食、祖母から麟太郎とのデートは楽しかったか聞かれる茉莉亜。

 

 

再び顔を赤らめる茉莉亜の様子を見た母は、早く食べるように冷たく遮ります。

その後、茉莉亜の部屋に行った母は、麟太郎に渡しそびれたハンカチを見つけて…。

 

 

茉莉亜は麟太郎のことが好きだと察した母。

「止めなさい」

「不毛な気持ちは捨てなさい」

麟太郎と生きる世界が違う。

 

 

周囲の声に屈すればいずれ人は変わる。

私がされたように。

 

 

「お前が傷つくだけだよ…」

母の悲しそうな顔に、何も言えない茉莉亜なのでした。

 

 

一方、黛家では麟太郎のとある発言で、ちょっとした騒ぎになっていました。

「私とは住む世界が違う…」

 

 

麟太郎は嫌いだった容姿を褒めてくれた人。

お母さんの言うとおり舞い上がってたのかもしれない。

 

 

麟太郎からもらった髪飾りを付ける茉莉亜。

そして、ハンカチを持って外へ走り出します。

 

 

私は伝えたい。

たとえ叶わなくたって、私が思い続けるのは自由だから―。

 

 

そこへ、麟太郎も走りながらやってきます。

「好き…っ」

「おまえが好きだ!」

 

 

茉莉亜と麟太郎は抱き合うのでした。

 

 

「金色ジャパネスク」9話|ネタバレ感想

 

ついに、茉莉亜と麟太郎の想いが通じ合いましたね!

最後の抱きしめ合うシーンは、見ているこっちが嬉しくなりました~(#^^#)

 

 

気になるのは、麟太郎との交際に反対する母の存在。

麟太郎の替わりに良い人を見つけてくると言うくらいなので、かなり反対しているようです。

 

 

見ている限り、過去に酷い裏切りに遭った様子。

茉莉亜の父親と何か関係があるのでしょうか?

 

 

しかし、茉莉亜は母の忠告を理解しつつも自分の気持ちを抑えることができません。

麟太郎の決意とは一体なんなのでしょうか?

 

 

黛家全員が困るような決意とは…?

次回で、麟太郎の決断内容が分かるはずなので、楽しみに待っていたいと思います!

 

 

「金色ジャパネスク」5話のネタバレ感想もありますので、あわせて読んでくださると嬉しいです!

「金色ジャパネスク」6話のネタバレ感想もありますので、あわせて読んでくださると嬉しいです!

「金色ジャパネスク」7話のネタバレ感想もありますので、あわせて読んでくださると嬉しいです!

「金色ジャパネスク」8話のネタバレ感想もありますので、あわせて読んでくださると嬉しいです!

 

少女漫画を電子書籍でたくさん読みたいなら、実はU-NEXTがとってもおすすめです!
なぜかと言うと…

・漫画、書籍、ラノベなど電子書籍で読める作品数は32万冊以上!
・今登録すると600円分のポイントがもらえる!このポイントだけで漫画1冊読めちゃいますね!
・毎月1200円分のポイントがもらえる!新作少女コミック誌もたくさん読めます!
・追加料金ナシで、70誌以上の雑誌も読み放題!(すご!w)
・新作映画などの見放題作品80,000本、レンタル作品50,000本の合計130,000本の作品が見られる!
・最近、地上波でめっきり見なくなってしまった韓国ドラマの配信数もたくさん!
・本当は見たかったけど見逃してしまったドラマやアニメもすぐに配信される!(これ、地味に嬉しい!!w)
・ファミリーアカウントを使えば、最大4台の端末で視聴できる!
・今なら31日間無料!

電子書籍サイトや動画サイトを別で登録していて毎月課金していたり、レンタルビデオ店などでDVD、ブルーレイを毎月何本かレンタルしているなら、きっとU-NEXTにした方がすごく安くなるはず!
なので、断然オススメです!!

U-NEXTをもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ♪

本ページの情報は2019年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!