Cheese!

最新話!【恋と弾丸】13巻(13話) エ…エロそうでエロくない…!w |ネタバレ感想あらすじ|Cheese!

どうも。御茶の水です。

「恋と弾丸」13巻(13話)ですが、こちらはマイクロ版の巻数でして、おそらく単行本では3巻に収録されると思います。
Cheese!本誌では「9話」とされています。(ややこしい!ややこし過ぎる…!!汗)

 


こちらは箕野希望先生のツイートから!
表紙だし、巻頭カラーもあるのですが、すっっっごくキレイです!!

 

というわけで、まずはあらすじです!
今回は、私、御茶の水のレビューですよ~ ヾ ^_^♪

 

 

「恋と弾丸」13巻(13話)|ネタバレあらすじ

 

波乱の上海旅行を終え、帰国したユリは夏休みの残り期間を充実させるべく、バイトに明け暮れていました。

初めて1週間にも関わらず、テキパキと仕事をこなすその姿に周りの店員達も唖然…。

 

 

でも、桜夜からの連絡がくるのはいつも夕方以降のため、ランチの時間帯だけ週3で入るという桜夜基準でのシフトでバイトをしていましたw

バイトの昼休み中。
スマホに保存されている桜夜の写真を眺めながら「桜夜ふぁん、かぁっこいいにゃ〜〜〜ん」と、デレデレな様子のユリw

 

 

< 桜夜さん、イレズミあるしプールや海には入れないよねー

水着見てほしいけど、2人で楽しめる過ごし方したいしー

この夏、もう一回だけでも桜夜さんに会えたら、もっともっと充実するんだけどなぁ>

 

 

と思いながら、スマホをいじっているユリ。

…すると!なんと桜夜から電話が!

< まだ旅行から10日しか経ってないのに… >
ドキっとしながらも、電話に出るユリ。

桜夜「ユリ、会いたい」

 

 

声だけで、心臓が潰れそうになるくらい締め付けられる———
ユリは顔を赤らめながら「はい!私もすっごくすっっっごく会いたいです!!」と、興奮気味に伝えますw

桜夜「いまどこにいる?部下に迎えに行かせる」

 

 

ユリは迎えに来た車に乗りみます。
しばらくして、電柱も見あたらないほど都会からは離れた場所を走っていました。

とある豪邸の前に着き、車を降りると…そこには桜夜の姿が…!

 

 

ユリ「おーやさーん!

桜夜さん 桜夜さん!」

 

 

満面の笑みを浮かべ、桜夜に抱きつくユリ。

桜夜「ユリ、顔をよく見せて」

ユリ「え?はい!

…?どうかしました?」

ユリの顔をじっと見つめる桜夜

桜夜「愛しすぎて、もうどうにかなってる」

そう言いながら、ほっぺにキスをする桜夜なのでした。

 

 

玄関に着くと「ここは俺とユリが2人きりで過ごす場所だ」と言って、プール付きの豪邸を案内してくれます。

高過ぎる吹き抜けの天井…
何人座れるか分からないほど大きなソファ…
広過ぎるモダンでシックな居間…

そして…
「ユリのカギだ。好きな時においで。俺も普段、できるだけこっちに帰ってくるようにする」と言って合鍵を渡してくれたのです…!!

< 嬉しい!今よりももっと、桜夜さんに会えるかもしれないってことだよね!? >

と、ユリは有頂天にw

 

 

桜夜の部下「若、準備が整いました」

桜夜「あぁ、ご苦労さん。

いい頃合いだ。ユリ、ある物を用意してある。選んで着ておいで。」

別の部屋に移動するユリ。
しばらくして部屋に戻ってくると…

 

 

ユリ「桜夜さん、おまたせしました。

えーっと…似合ってますか…??」

なんとも煌びやかな色づかいの水着を見にまとったユリの姿が!

ユリ「あ!」

驚くユリの視線の先には、いつもと違う桜夜がいたのです!

ユリが着替えている間に実は桜夜も着替えていたようで、上半身裸にパーカーで、短パン姿の桜夜がいました…!
ちょっとだけ見える胸元のイレズミがなんともセクシー…!!←

ユリ「桜夜さん、カッコいいです!!!(スーツや和服以外の桜夜さん初めて!きゃああぁぁ♡)」

と、興奮気味のユリww
「もう一回夏を堪能しよう、ユリ」と言って屋内プールへ案内する桜夜。

ナイトプールのような雰囲気にさらに興奮するユリ。

…ところが!興奮するあまり、不意にユリの肘鉄が桜夜にキマッてしまいます…!w

プールの縁にいた桜夜はそのままプールへドボン!ww

慌てて助けようとしたユリをプールに引き込む桜夜。

そこからは終始お互い笑顔で、プールを心から楽しみます。

 

 

< 充実なんて…、幸せなんて…、そんな言葉じゃ言い表せないーーー >

 

 

存分に遊んだ後、ユリは桜夜に尋ねます。

ユリ「桜夜さん、いつも豪快だけど、今日は特にすごいなって、どうかしたのかなって」

桜夜「何かあったように見えた?」

ユリ「あ、でも私の勘違いかもです…!すみません」

桜夜「…ううん。今回の上海の件。

俺はユリにたくさん怖い思いをさせた。

別れ際、思ったよ。

電話に出てくれるだろうか…

会ってくれるだろうか…

ユリが俺から離れるんじゃないか…って」

不意に出た桜夜の弱気な言葉に、ドキッとした表情のユリ。

 

 

桜夜「だから、今日のことはまぁ…その…」

そう言って、黙ってしまう桜夜。

ユリ「…桜夜さん、今日のことって上海のお詫び、とか?

それとも、もしかして…その…

私の気を、引こうとしたとか……な、なーんて…」

桜夜「…うん、もう…必死だよね…」

視線を下におろし、口を手で隠しながら顔を赤らめて言う桜夜の姿に、ユリは心底ときめいてしまいます…!ww

 

 

ユリ「桜夜さん、言ってもいい…?」

桜夜「………

…何言うかピンときた。…ダメ、言ったら怒ります。」

ユリは満面の笑みを浮かべながら…

ユリ「桜夜さん、かわいい!」

と言ってしまいますwww

 

 

桜夜「お姫様は怒られるのがお好きなようで」

そう言いながらユリを抱き上げ、お仕置き(?)部屋のベッドへ連れて行きます。

首にキスをする桜夜。

 

 

…いつもなら、ここから激しいセックスが始まるのですが、今日はおとなしい桜夜…

…なんと…桜夜はそのまま寝てしまったのです…!!!
すっかりその気だったユリは身体が疼いてしょうがありません!w 残念…!!www

 

 

< 今日の日を桜夜さん、睡眠時間削って、お仕事も詰めて、無理して作ったんじゃないかな。

すごく優しくて、怖くて、でもちょっとネガティブで、かわいくて…

桜夜さん、私ね

好きです。ずっとずーーーっと、大好きです。 >

 

 

「恋と弾丸」13巻(13話)|ネタバレ感想

 

今回は終始、2人でイチャコラ、ラブラブしてましたねぇw

てか、桜夜さんの家、何個あるの!?w
そして広過ぎ!w

 

 

「恋と弾丸」第1話のネタバレ感想もありますので、合わせて読んでくださると嬉しいです♪

「恋と弾丸」第2話のネタバレ感想もありますので、合わせて読んでくださると嬉しいです♪

「恋と弾丸」第3話のネタバレ感想もありますので、合わせて読んでくださると嬉しいです♪

「恋と弾丸」第4話のネタバレ感想もありますので、合わせて読んでくださると嬉しいです♪

「恋と弾丸」第5話のネタバレ感想もありますので、合わせて読んでくださると嬉しいです♪

「恋と弾丸」第6話のネタバレ感想もありますので、合わせて読んでくださると嬉しいです♪

「恋と弾丸」第7話のネタバレ感想もありますので、合わせて読んでくださると嬉しいです♪

「恋と弾丸」第8話のネタバレ感想もありますので、合わせて読んでくださると嬉しいです♪

「恋と弾丸」第9話のネタバレ感想もありますので、合わせて読んでくださると嬉しいです♪

「恋と弾丸」出張特別編のネタバレ感想もありますので、合わせて読んで下さると嬉しいです!

「恋と弾丸」第10話のネタバレ感想もありますので、合わせて読んでくださると嬉しいです♪

「恋と弾丸」第11話のネタバレ感想もありますので、合わせて読んでくださると嬉しいです♪

プレミアチーズ!で始まった「恋と弾丸」特別編第1話のネタバレ感想もありますので、合わせて読んでくださると嬉しいです♪

「恋と弾丸」第12話のネタバレ感想もありますので、合わせて読んでくださると嬉しいです♪

 

少女漫画を電子書籍でたくさん読みたいなら、実はU-NEXTがとってもおすすめです!
なぜかと言うと…

・漫画、書籍、ラノベなど電子書籍で読める作品数は32万冊以上!
・今登録すると600円分のポイントがもらえる!このポイントだけで漫画1冊読めちゃいますね!
・毎月1200円分のポイントがもらえる!新作少女コミック誌もたくさん読めます!
・追加料金ナシで、70誌以上の雑誌も読み放題!(すご!w)
・新作映画などの見放題作品80,000本、レンタル作品50,000本の合計130,000本の作品が見られる!
・最近、地上波でめっきり見なくなってしまった韓国ドラマの配信数もたくさん!
・本当は見たかったけど見逃してしまったドラマやアニメもすぐに配信される!(これ、地味に嬉しい!!w)
・ファミリーアカウントを使えば、最大4台の端末で視聴できる!
・今なら31日間無料!

電子書籍サイトや動画サイトを別で登録していて毎月課金していたり、レンタルビデオ店などでDVD、ブルーレイを毎月何本かレンタルしているなら、きっとU-NEXTにした方がすごく安くなるはず!
なので、断然オススメです!!

U-NEXTのことをもっと詳しく知りたい方はこちら!

本ページの情報は2019年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!