Cheese!

最新話!【恋と弾丸】5話 |ネタバレ感想あらすじ|プレミアCheese!

どうも。御茶の水です。

「恋と弾丸」5話ですが、こちらは1巻に収録されると思います。

 


こちらは作者の箕野希望先生のツイートから!
コミックシーモア様で宣伝されているみたいですね!

 

 

というわけで、まずはあらすじです!
今回は湯の実のレビューですよ~ ヾ ^_^♪

 

 

「恋と弾丸」5話|ネタバレあらすじ

夏休みの一週間を桜夜と過ごすことになったユリ。

空港で待ち合わせしていると「お茶しようー」と

ナンパをされてしまいます。

 

 

ユリは懸命に一週間分の荷物が入ったスーツケースを持ち上げて

「一週間分の荷物でダンクしてやろうか!?」

と猛烈な抵抗していると

 

 

「我々も同席するよ。楽しくなりそうだ」

ヤ○ザ感丸出しで桜夜の登場…ww

「うおおおお!!」と颯爽と逃げるナンパ男たちw

 

 

無事、落ち合った二人はようやく飛行機に乗り込んで

飛行機内でもイチャイチャしながら旅行先の上海へ向かいます。

 

 

桜花はユリの要望に応えて

二人で季節外れの民族衣装に着替えてから

ひと目を気にせずデートを満喫していたのですが・・・

 

 

「ゴ無沙汰シテオリマス。ミスター桜夜。ウチノボスガ呼ンデイル。ゴ同行、願イタイ」

 

 

デートの真っ最中にロシアマフィアに声をかけられた桜夜。

「せっかくの誘いだが、断る。恋人との時間を大切にしたいんだ。行こうユリ」

 

 

しかし、ロシアのマフィアは一歩も引かず

「ボスノ命令に背クノカ!」

と桜夜に銃を向けたのです!!

 

 

予想もしない間一髪の状況。

このとき、ユリはヤクザ・桜夜の意外な表情を目の当たりにします。

 

 

5巻はここまで★

 

 

「恋と弾丸」5話|ネタバレ感想あらすじ

 

今回は桜夜の優しさが存分に味わうことが出来る内容でした!

ユリ「この旅行でこれでもかってくらい甘えるつもりですから!」

という宣言にも微笑んで手の甲にキスをし「仰せのままに、お姫様」

歯の浮くようなセリフが満載!!w

 

 

しかし最後はロシアマフィアに出くわして面倒なことになりましたね・・・。

桜夜がヤ○ザだから、こういう知り合いがいてもおかしくありませんが・・・。

 

 

マフィアが登場するシーンの中で

ユリがマフィアに突き飛ばされるシーンが有るのですが

ブチ切れた桜夜は優しい桜夜のイメージを大きく覆します!

 

 

「誰の恋人にケガさせたか、わかってるのか。」

「いい度胸だ」

目の色を変えて見下ろす桜夜の姿。

 

 

ユリは「あんな桜夜さん、初めてですごくびっくりした。」

と目をまん丸くしていましたが、
すっごくかっこいいのでぜひ注目してみてくださいね!!

 

 

前回、「恋と弾丸」4話のネタバレ感想もありますので、合わせて読んで下さると嬉しいです!ヽ(^o^)丿

バックナンバー、「恋と弾丸」第3話のネタバレ感想もありますので、合わせて読んでくださると嬉しいです♪
 

Cheese!で大人気!コヒバニの最新話はこちら♪

ゆるっとした恋愛模様が好きなら「凪のお暇」もおすすめです!

キュンキュンしたいならやっぱり「ラブファントム 」ですね!

ドラマも好調!スカッしたいなら「深夜のダメ恋図鑑」に限りますね〜♪

 

少女漫画を電子書籍でたくさん読みたいなら、実はU-NEXTがとってもおすすめです!
なぜかと言うと…

・漫画、書籍、ラノベなど電子書籍で読める作品数は32万冊以上!
・今登録すると600円分のポイントがもらえる!このポイントだけで漫画1冊読めちゃいますね!
・毎月1200円分のポイントがもらえる!新作少女コミック誌もたくさん読めます!
・追加料金ナシで、70誌以上の雑誌も読み放題!(すご!w)
・新作映画などの見放題作品80,000本、レンタル作品50,000本の合計130,000本の作品が見られる!
・最近、地上波でめっきり見なくなってしまった韓国ドラマの配信数もたくさん!
・本当は見たかったけど見逃してしまったドラマやアニメもすぐに配信される!(これ、地味に嬉しい!!w)
・ファミリーアカウントを使えば、最大4台の端末で視聴できる!
・今なら31日間無料!

電子書籍サイトや動画サイトを別で登録していて毎月課金していたり、レンタルビデオ店などでDVD、ブルーレイを毎月何本かレンタルしているなら、きっとU-NEXTにした方がすごく安くなるはず!
なので、断然オススメです!!

本ページの情報は2018年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!