プチコミック

黒子に恋は、いりません。/1話/ネタバレ感想/わたなべ志穂/プチコミック2018年3月号

どうも。御茶の水です。

プチコミック2018年3月号でわたなべ志穂先生こと、なべしほ先生の新連載が始まりましたね!
タイトルは『黒子に恋は、いりません。』ということで、主人公は、恋愛に関しては決して表舞台に立たない、と決めた高校教師、通称”黒子”と呼ばれている沢村里子を中心に物語が繰り広げられます。

伏線張られまくりの第1話!

『黒子に恋は、いりません。』ネタバレ・あらすじ

学校内でイチャイチャするカップル。
…をなかなかの至近距離から見つめる黒子こと、里子。

一見、「校内の風紀を乱すんじゃない!」と今にも怒りだすかのような鋭い眼光の里子でしたが、実は逆。
内心、どう思っていたかというと…

「せっかくいい感じの恋愛舞台だったのに…
キラキラしてた…付き合いたてかしら
キスはもう済みで、次の一歩ってとこね…」

という「けしからん!もっとやれ!」状態笑

里子は大学時代から上京していたようですが、働きだし、同僚と図らずも不倫関係になってしまった事から会社を追い出される形で故郷へ帰ってきました。
そして高校教師になり、元担任の新巻豪先生と一緒に教師として働くことに。

学生時代から恋愛ではたくさん苦い経験をしたせいで
「恋なんてもう ドラマや他人ので十分
恋の表舞台には二度と上がらない
私は”黒子”として生きていくんだ」
と心に決めていたのでした。

里子が学生時代、新巻先生とは恋人関係にあったようで、
「だって私は決めたの 私の人生に恋はない
これから先 ずっとずっと いらない
恋なんていらない」
と心情を吐露しながらも、美術室の物陰に隠れた場所にある「豪先生」「里子」と書かれた、相合傘を見つめる里子。
その姿はどこか切なげで、寂しそうな表情。

切ない思い出に里子が浸る中、美術室に「ガタン」と物音が響き渡る。

となりの教室を除くと、校内でも屈指のイケメン成宮くんが女子生徒とキスしていて…

『黒子に恋は、いりません。』感想

なべしほ先生の「キスより先に、始めます」でファンタジー感が凄かったのに対して、本作はほとんどファンタジー要素はないですね。かなり王道少女漫画っぽく仕上がってます。軌道修正、成功されたようで本当に良かったです…!笑

里子は新巻先生と学生時代に何かあったんだと思いますが、何か理由があって別れてしまったんでしょうかね。今は全く付き合っているようには見えません。

それと、成宮くんはラストシーンで里子とあーんな事になっちゃっているのですが笑笑 これからどうなるんでしょうかね?あくまでかませ犬的な役割で、新巻先生とまた恋人関係になるのか…?

1話なのでまだ展開が全く分かりませんが、里子が頑なに恋愛を禁じているような描写があり、展開が読めないので今後が楽しみです!

なべしほ先生は他にも『キスより先に、始めます』『王様に捧ぐ薬指』などの作品も出されています。