LALA

【狼陛下の花嫁】102話|ネタバレ感想|LALA

どうも。御茶の水です。

「狼陛下の花嫁」102話ですが、こちらはおそらく19巻に収録されると思います。

御茶の水
御茶の水
ちょっと前の話しになるけど、いよいよ白泉社の人気コミック誌、「LALA」と「花とゆめ」が電子書籍化したね!
きゅう須
きゅう須
これは本っっっ当に嬉しかったよね! 東京マシュマロチャンネル編集部でも、今いろんな人気作品の記事を書いていこうと思っているので、乞うご期待です!!!
湯の実
湯の実
コミック誌で読むのも味があって良いんだけど、やっぱり電子書籍だと電車に乗ってる時とか、ちょっとしたスキマ時間にサクッと読めるのがいいわよね。

さてさてー
というわけで、今回のレビューはきゅう須ですよ~!୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

 

「狼陛下の花嫁」102話|ネタバレあらすじ

 

後宮に来てからの記憶を失った夕鈴。自分が妃であることに戸惑いを隠せません。

 

 

そんな夕鈴をなんとかしたい李順は、柳方淵と氾水月を後宮に呼び寄せます。

 

 

物腰が柔らかい氾水月は、夕鈴のことを「特別なお方」と言います。

一方柳方淵は険しい顔でにらみつつも、

「寄り道をしている暇などないはずだ」
「早く戻られよ」

と早く記憶を戻すよう促します。

徐克右も夕鈴の様子に驚きつつも、「なんとかなる!」とどこか楽観的です。

 

 

夕鈴は、どうしても妃の自分が思い出せません。そこに、珀黎翔が外出先から戻ってきます。

 

 

「君が困ることはしない…大切にするだけだ」

 

 

夕鈴をお姫様抱っこした珀黎翔は、部屋に連れていきます。使用人からも「お妃様は国中の女性の憧れですよ」と言われて、ますます戸惑う夕鈴。

 

 

部屋で2人きりになった夕鈴と珀黎翔。夕鈴は「下町に帰りたい」とお願いします。

「今のなんにも覚えてない私が受け取るのは、なんか違うと思うんです!」

記憶を無くしても夕鈴らしさは変わらない…。珀黎翔は下町に帰ることを許します。

 

 

「やっぱり少し、困らせることをしよう」

珀黎翔から言われた夕鈴は、顔真っ赤にして倒れてしまいました(笑)

 

 

次の日、夕鈴と一緒に下町にやってきた珀黎翔は完全に子犬モード!あまりの別人ぶりに、「これも夢の続きですか!?」と戸惑いまくりの夕鈴なのでした!

 

 

「狼陛下の花嫁」102話|感想

 

今回は、夕鈴の記憶を取り戻すべく李順が頑張る回でしたね(笑)とりあえず政務室の2人を呼んだり、除克右と会わせたり…。

李順は、基本的に頭を悩ます表情しかしていません(;・∀・)効果音もキリキリだし(笑)

夕鈴も「下町ではしゃぐ自分」しか知らないわけですから、戸惑うことばかりです。「国中の女性の憧れ」とか言われても…ねえ?(;´・ω・)

 

 

しかし今後のことを考えると、一刻も早く記憶を取り戻さなければいけないはず。「大切にするだけだ」と発言できる珀黎翔は素敵!

 

 

2人きりの部屋でキスするのかと思いきや、頭をコツンとするシーンはもうキュン死です♡♡

夕鈴も、「どんな強い心臓持ってたの!?」と突っ込みたくなる気持ちが分かります(笑)

 

 

子犬モードの珀黎翔も見れたし、個人的には満足回でした(*‘∀‘)

記憶喪失編ですが、そんなに長く続かないと予想しています。珀黎翔が関わるロマンティックな出来事が起きて、夕鈴の記憶が戻る…なんてことがあったら楽しいだろうな~(#^^#)

 

 

下町に戻った夕鈴と珀黎翔は、次回どんなことが待っているのでしょうか!?
楽しみに待ちたいと思います♪

 

少女漫画を電子書籍で読むなら、無料で読める作品もたくさんあるまんが王国が断然オススメですよ!

 

白泉社のメロディで大人気!「かげきしょうじょ!! シーズンゼロ 」のネタバレ感想はこちらですよー♪

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!