LALA

【狼陛下の花嫁】104話|ネタバレ感想|LALA

どうも。御茶の水です。

「狼陛下の花嫁」104話ですが、こちらはおそらく19巻に収録されると思います。

ついに105話で最終回…!あと1回で終わってしまうなんて…。
と、ついつい悲観してしまいがちですが、きっと可歌まと先生の次回作も考えられていると思いますので、そちらに期待したいところですね…。

とはいえですよ!
今回含めてあと2話ありますので、全力で楽しみたいと思います!ヽ(*´∇`)ノ

さてさて!
というわけで、今回のレビューはきゅう須ですよ~!୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

 

「狼陛下の花嫁」104話|ネタバレあらすじ

 

「貴方と出会わずに生きていく」

夕鈴に襲う不安。思わず外に飛び出します。

 

 

ちょうどそこへ几鍔との飲みから帰ってきた珀黎翔の姿が!

珀黎翔を見た夕鈴の目から大粒の涙…(;_;)

 

 

「ひどいっなんで…なんでいないの!?」

「え?出掛けるって言ったよね?」

「そんなの知らないばかっ」

「うわあああん」

 

 

大泣きする夕鈴。その姿は、几鍔が言っていた泣き虫で弱い昔の夕鈴でした。

 

 

「自分が弱っちいのを忘れてるだけだ」

几鍔の言葉が頭によぎる珀黎翔。

「いないのはやだ、ひとりにしないで…っ」

珀黎翔は夕鈴を強く抱きしめます!

 

 

「君が世界で一番強いんだと勘違いしてた」

「ほんとに馬鹿だ」

ずっと側にいる…絶対に離さない。珀黎翔は夕鈴に改めて誓います。

そして、夕鈴の記憶も無事戻りました(#^^#)♪

 

 

それと同時に、夕鈴は「大事な忘れ物」に気づいた様子。その忘れ物とは一体…?

 

 

その後、夕鈴の父親と周宰相が古くからの友人で、周宰相経由で宮廷のバイトを持ちかけられたことが発覚します。

要は、この時点で夕鈴の運命は決まっていたのです(^^♪

 

 

こうして珀黎翔と共に宮廷に戻った夕鈴。そこには小さい子供の手を握っていて…!?

 

 

「狼陛下の花嫁」104話|ネタバレ感想

 

強い夕鈴しか見たことなかった珀黎翔にとって、とっても新鮮な回となりました(笑)

子どもみたいに大泣きする夕鈴…今まで本当に強がっていたんだなと痛感しました。

 

 

最初記憶を無くしてしまってどうなることやらと思いましたが、今思えば良かったかもしれませんね。

だってこんな機会がなければ、珀黎翔は弱い夕鈴を知らないままだったということですし。「世界で一番強い」と勘違いしたままだったと思います。

 

 

夕鈴は大切にしてもらえる人と出会えて良かったね(´;ω;`)泣いている自分を強く抱きしめてくれるなんて最高じゃないか!

 

 

そして最後、夕鈴らしき手と小さい子供の手が触れているシーン。「これから出会うあなたに続いていく」という言葉で締めくくられています。

夕鈴の記憶が思い出されたシーンからも分かる通り、夕鈴は珀黎翔の子供を妊娠していることは間違いなさそうです!(^^)!

 

 

次回がいよいよ最終回なのですが、もうハッピーエンドしか考えられない♡今から待ちきれません(´▽`*)

夕鈴と珀黎翔とその子供の親子ショットを期待しようと思います!

 

 

少女漫画を電子書籍で読むなら、無料で読める作品もたくさんあるまんが王国が断然オススメですよ!

 

前回、「狼陛下の花嫁」103話 ネタバレ感想もありますので、こちらも読んでくださると嬉しいです♪

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!