Cheese!

【執事たちの沈黙】22話|ネタバレ感想|桜田雛|Cheese!

どうも。御茶の水です。

「執事たちの沈黙」22話ですが、こちらはおそらく6巻に収録されるかと思います。

桜田雛先生といえば「太郎くんは歪んでる」ですが、こちらの作品はかなりコメディー色が強め(というか、一色?笑)なのですが、そんな作品を描いていたとは思えないくらい、エロシーンがステキ…!笑

いや、コメディー感もしっかり洗練されているんですよ。
読んでいて会話のテンポがすごく良いし、とっても引き込まれます。

でもでも!今回はそれよりなにより…エロシーンですよ!!笑
特に和巳がねぇ、ほーんとにやらしい!好き!!笑笑

そんな(どんな??笑)見どころ満載の回です!
というわけで、あらすじいきましょー!

今回のレビューは湯の実ですよ!

 

「執事たちの沈黙」22話/ネタバレ・あらすじ

前作では椿が旦那様(椿パパ)に内緒で和巳のとこへ行ってしまったが奥さま(椿ママ)アリバイを作ってくれたおかげで事なきを得た和巳。

 

 

しかし、

「あの子、風邪ひきやすいんだから気をつけてよ?

和巳のところで体調崩されちゃったら、さすがに私もかばってあげられないから♡」

と言われ

和巳「知りませんよ!そんなの私のせいじゃ」

椿「くしゅん!」

焦る和巳の目の前で早速鼻水を垂らしちゃったw

 

 

しかし椿は

「このお風呂を私以外の女の人が使ったことってあるのかしら…」

「なんかすごく嫌な気分…」

と、なかなか入れず…。

見かねた和巳は椿と一緒に冷えた体を温めるため、一緒にお風呂へ入ることになります。

 

 

ここの和巳と椿の押し問答はとーーっても面白かったです♪
恥じらいながらも和巳の事を、「あんたは 私の好きな人だもん…」と不意に吐露したり、
和巳は和巳で、「女の んなクソ細けぇ気持ちなんて知るかよ」と言っておきながら
椿に優しくするところがとってもキュンキュンしました~~(*´艸`*)

 

 

和巳はムードなんかなく、恥じらう椿をよそに雑に服を脱がしてバスタオルを巻き付け姫抱っこw

そのまま湯船に浸かりまだ暴れる椿に

「1分だけ、じっとしてろ。そしたら離してやる」

と耳元でカウントし始めると

 

 

「ん… はっ… 耳元 やだ…っ」

 

 

と、拒否りながらも感じてしまいます。笑

 

 

和巳はゾクッとしてしまい、

「しおらしいお前を見てると、ちょっとイタズラしたくなるな…」

と、歯止めの効かなくなった和巳は首を舐めながら、自分の親指をしゃぶらせ
感じる椿を楽しみます//

 

 

椿の表情もすっごくやらしいし、和巳の艶っぽい表情やセリフが
たまりませんね…!(*´艸`*)

 

 

「和巳… 好き… 好き…っ
やさしく… して…」

と燃えてきた頃、ついに椿が和巳に懇願。

 

 

しかし、パッと離れ

「これ以上やるとさすがに淫行条例に引っかかるんでな」

と、なんとか抑えてお風呂からあがりました。ちぇw(あ…つい、心の声が…www)

 

 

しかし、「女をチラつかせやがって」と今回の椿は和巳にとっても、随分と魅力的だったご様子。笑

 

 

そんな和巳に予想外の和巳兄から着信が…!?

着信に気づかない和巳に「愚弟め」とけなす厳しそうな兄…

今後の展開はそんなに甘くない!?

 

 

「執事たちの沈黙」22話/感想

エロい展開キターーー!w

もう、和巳と椿一線越えちゃいそうでしたよ!

よく耐えましたね、ほんと。

お風呂ですよ!?全裸ですよ!?

女の私でも椿の裸体はドキドキもんでした。。笑

和巳もええ体しとる…(しみじみ)

淫行条例が無かったら絶対ヤってるだろコレ!笑笑

 

 

やっと、椿の魅力にやられてきたなー?和巳w

で、で、で!和巳がね、

「万が一やべぇ事になったら、いよいよ、あいつ貰うしかなくなるな…」

なんて風呂上がりに考えてるもんだからさぁ、
淫行条例を破る日も近いのか!?なんて期待をしてしまったり//
(いや、するでしょ!しますよ私は!!笑)

どうなるんですかね??なかなか一筋縄じゃいかなそうですが。

 

 

そして最後に登場した和巳の兄!めちゃくちゃ和巳に似てます!

和巳をもっとこう…厳しそうにした感じ。

なんか冗談とか通じなそう…もっと甘い展開を期待していたいのにー!(´>ω<`) しかし、和巳の身内がどんな方なのか、興味津々の筆者でしたーw     前回、「執事たちの沈黙」21話のネタバレ感想もありますので、こちらもよかったら読んで下さい!୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

 

少女漫画を電子書籍で読むなら、無料で読める作品もたくさんあるまんが王国が断然オススメですよ!

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!