モバフラ

【社長とあんあん】76話 社長失踪の謎、ついに解明|ネタバレ感想|モバフラ

どうも。御茶の水です。

「社長とあんあん」76話ですが、こちらは14巻に収録されると思います。

 

きゅう須
きゅう須
社長、ついに失踪した謎を明かしたね…!
御茶の水
御茶の水
杏のこと振り回し過ぎだよ…優子が憎い…

 

 

というわけで、まずはあらすじですが
「社長とあんあん」76話をざっくり3行でまとめると…

 

・社長、車椅子の女性、優子さんと結婚していたことが発覚…!

・優子さんが車椅子を使う生活になったのは、社長が原因だったからである(という優子さんの主張…)

・社長、杏に謝罪

 

という感じでしたね!


こちらは佐々木先生のツイートから。
たしかに、ピンクまみれですね…!w


『夜中に飲んだカクテルのような社長』という形容のしかたがステキ過ぎます!!

 

さてさて!今回は私、御茶の水のレビューですよー ヾ ^_^♪

 

「社長とあんあん」76話|ネタバレあらすじ

 

「一年半なんか、障害にすらならないんだから!!」

社長らしき男性に、杏が言い放つ。

 

 

すると、三橋家の玄関から車椅子の女性がやって来ます。

車椅子の女性「外で話すより、中に入っていただいたら?裕斗さん」

男性「優子…」

 

 

二人のやり取りを見ていた杏は、心臓の鼓動が早くなりつつも
「名前で呼び合うなんて、何…」と、思いながら目が離せずにいた。

 

 

車椅子の女性「杏さん、ですね
いつも拝見しております 本当にかわいらしい

夫が昔 お世話になりました

 

 

その車椅子の女性の言葉に、杏は愕然とする。

杏「……… 夫…?」

 

 

「続きは中で話そう」と勧められ、家の中に入る杏。

 

 

車椅子の女性の名前は優子。
前回から、言葉数が少なく本当に社長であるか疑わしかった男性も
どうやら本当に社長である事が判明。

優子の父と社長は、取引先だったようで
二人は以前から知り合いでした。

 

 

社長が、優子さんへ結婚する旨を共有した日の事。

横断歩道を渡る際、社長がエスコートしようと手を差し伸べたときに
優子さんが社長の手を掴みそこね、つまづいてしまい、車に足を轢かれてしまいます。

車椅子生活を余儀なくされてしまった優子さんは、あの時に「私の手をしっかり握ってくれていたら…」と、怒りの矛先を社長に向けました。

 

 

優子「あなたはいいわよね!もうすぐ結婚して幸せになるんだもの!

一生足が動かない不幸な私を捨てて、幸せになるんでしょ!!

一秒でも離れたら 私、死んでやるから!!」

 

 

なかば、脅迫めいた言葉を吐く優子を、社長は抱きしめます。
そして「橘を捨てて三橋になるよ」と言います。

優子さんは、「そのおかげで自殺せずに済んだ」と話します。

 

 

優子さんは杏の方を見て、「ごめんない 杏さんには謝らなくちゃとずっと思ってました」と言う。
表情としては困り顔ではあるものの、なぜか勝ち誇ったかのような感情も見て取れる優子さん…。

その優子さんの顔を見て、「なんか…気持ち悪い… 少し外に出ます…」と、その場を抜け出す杏。

 

 

杏「何? なんなの?

夫がお世話になりまして? あたしに謝らなくてはいけない?

………っ ……… ふざけるな!

社長は! あたしを! 世界一!愛してるって!言ったんだよ!!」

泣きながら部屋を出ていき、そう叫ぶ杏。

 

 

杏「同情や責任で結婚したなら あたしと真実の愛で!!

あたしが社長の第二夫人になればいい!!!」

社長のそばにたい。

でも、社長を苦しめたくない。

…とはいえ、もう離れたくない。

いろんな感情が、杏を襲います。

 

 

いつのまにか、社長が杏の後ろに立っていたようで
「あんまり変わってないな、お前…」と言います。

杏「なんですか!笑いに来たんですか!」

社長「違うよ 誤りに来たんだ」

 

 

涙ぐんだ顔で、社長を見つめる杏。

 

 

社長「出会って今日まで、振り回してごめん

いじわるばかりしてごめん

杏が記憶を失ったときも 守りきれなくてごめん

杏の子供も 杏も 守れなくて ごめ…」

 

 

この人はどうして いつも一人で抱え込むの…?!

杏はそう思いながら、社長にキスをします…

 

 

「社長とあんあん」76話はここで終わり。

 

 

「社長とあんあん」76話|ネタバレ感想

 

やっと…やっと社長が失踪した理由がはっきりわかりましたね…!

でも正直、展開が突然過ぎて私は困惑しています…!!

 

 

一人の女性の命を救うためとはいえ、同情で結婚をするなんて…

それでいいのかな、社長…。

しかも、杏に対して「謝りに来た」っていうことはさ、
離婚とかは考えていなくて、もう一生優子さんのそばにいる事を決めたんだ、と。

杏のそばにはもう居ることはできないし、これまでもたくさんひどい事をしてきてごめん、と。

そういう事なんですかね…???

杏と社長の人生は、もうこの先ずっと交わることはない、と?

そういう事…なんですかね…?????

 

 

きっと社長が離婚を切り出したら、優子さんは「自殺する」とか言い出すしなぁ…。

ここからどうやって杏と社長の距離が近づいていくのか?
それとも、もう距離が近づく事はないのか??

怖い気もしますが、今後の展開に期待したいと思います…!

 

 

前回、「社長とあんあん」75話のネタバレ感想もありますので、 こちらも読んでくださると嬉しいです!(*´ω`*)

 

少女漫画を電子書籍で読むなら、無料で読める作品もたくさんあるまんが王国が断然オススメですよ!

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!