モバフラ

最新話!【社長とあんあん】85話 |ネタバレ感想|モバフラ

どうも。御茶の水です。

「社長とあんあん」85話ですが、こちらは16巻に収録されると思います。

 


こちらはモバフラ様のツイートから!
中身チラ見せ、ありがとうございます!!!

 

 

さてさて!今回は湯の実のレビューですよー ヾ ^_^♪

 

 

「社長とあんあん」85話|ネタバレあらすじ

 

杏と社長はサリーとローレンスに

見送られてドバイを後にします。

杏「人って優しくて怖いものだとわかった

あたしもそうだから・・・」

 

 

杏は帰国する飛行機の中で

社長の寝顔を眺めながら

考えました。

 

 

「あたしね、優子さんに刺されようと思う

なるべく人が見ている場所で人に正当に裁かれる場所で

そうしたら社長は優子さんの呪縛から解き放たれる」

 

 

杏は自らの命を犠牲にしてまで

優子の呪縛から社長のことを

守ることを決意します。

 

 

空港に到着すると警戒していた

マスコミはいないが

SPに囲まれた優子の姿が・・・

 

 

優子「祐斗さん、おかえりなさい。楽しかった?帰りましょう」

社長「帰らないよ。二度と優子のもとには帰らない」

 

 

優子は社長の言葉聞いた瞬間、

「そう」と一言つぶやき…

ナイフを取り出して…次の瞬間………!!

 

 

優子「ここで私が死ぬとこ見たいの?」

 

 

首にナイフを刺して空港の床を

吹き出た血でいっぱいにしてみせます。

 

 

思わず怯む杏を抱きしめて

社長「大丈夫、あんな切り方じゃ死なない」

とその場を後にしました。

 

 

優子「脅しもきかないって!あたしの夫のくせに!」

 

 

自宅に帰った社長と杏は家の中に仕掛けてあった

大量の監視カメラに驚きます。

未だ動揺する杏に社長は無理やり口づけて・・・

 

 

85話はここまで☆

 

 

「社長とあんあん」85話|ネタバレ感想

 

優子怖すぎ・・・!!

やっと帰国して間もなく

修羅場が待ち受けていましたね。

 

 

まさか自ら命を絶とうとするとは・・・

意外でした。

 

 

優子の完全なる脅しを

すぐに見抜いてかばう社長は

とてもカッコ良かったですね。

 

 

しかしよっぽど恐怖を感じたのでしょう。

 

 

その後、杏は社長に抱かれるのですが

「彼女の愛のほうが強いの?って錯覚してしまう」

と抱かれながら優子の姿を思い出してしまいます。

 

 

社長「優子に支配されるな。俺に支配されろ」

 

 

この言葉通り

杏は優子の行動に惑わされないと

いいのですが・・・

 

 

まだまだ難しそうですね。

社長の堂々とした姿には

今までより真っ直ぐで

強くなった印象を覚えました。
とてもかっこいいので必見ですよ♪

 

 

「社長とあんあん」78話のネタバレ感想はこちら!

「社長とあんあん」79話のネタバレ感想はこちら!

「社長とあんあん」80話のネタバレ感想はこちら!

「社長とあんあん」81話のネタバレ感想もありますので、 こちらも読んでくださると嬉しいです!(*´ω`*)

「社長とあんあん」82話のネタバレ感想はこちら!

「社長とあんあん」83話のネタバレ感想はこちら!

「社長とあんあん」84話のネタバレ感想はこちら!

 

 

少女漫画を電子書籍でたくさん読みたいなら、実はU-NEXTがとってもおすすめです!
なぜかと言うと…

・漫画、書籍、ラノベなど電子書籍で読める作品数は32万冊以上!
・今登録すると600円分のポイントがもらえる!このポイントだけで漫画1冊読めちゃいますね!
・毎月1200円分のポイントがもらえる!新作少女コミック誌もたくさん読めます!
・追加料金ナシで、70誌以上の雑誌も読み放題!(すご!w)
・新作映画などの見放題作品80,000本、レンタル作品50,000本の合計130,000本の作品が見られる!
・最近、地上波でめっきり見なくなってしまった韓国ドラマの配信数もたくさん!
・本当は見たかったけど見逃してしまったドラマやアニメもすぐに配信される!(これ、地味に嬉しい!!w)
・ファミリーアカウントを使えば、最大4台の端末で視聴できる!
・今なら31日間無料!

電子書籍サイトや動画サイトを別で登録していて毎月課金していたり、レンタルビデオ店などでDVD、ブルーレイを毎月何本かレンタルしているなら、きっとU-NEXTにした方がすごく安くなるはず!
なので、断然オススメです!!

本ページの情報は2019年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!