BE LOVE

【昭和ファンファーレ 2巻】ネタバレ感想/リカチ/BE・LOVE

どうも。御茶の水です。

「昭和ファンファーレ」の最新刊、2巻が出ましたね。

というか、1巻の巻末のおまけマンガ的なところで、リカチ先生が「次巻では成長させる予定なのでそしたら恋愛もいろいろ入ってくるはずです」と言っていたのですが…

 

結局成長した姿は最終ページの最後の1コマだけじゃん!!!

 

というツッコミをせざるをえませんよ…!笑笑 リカチ先生!どうなってるんですかー!笑

まぁ、ありますよね、そんな時も。
全然OKです。面白いので。

さてさて、今回は湯の実のレビューですよーヽ(〃´∀`〃)ノ

 

「昭和ファンファーレ 2巻」ネタバレ感想

寒くなってきた10月の初めに親から反対されつつ
、隠れてオーデションを受けることになったスタァを夢見る小夜子。

書類審査まで自信満々だった小夜子は同じ演技のオーディションを受けている子役たちを目の前に戸惑いを隠せません。

そこで謎の少女、『小鳥遊月子』に出会うのです。

お世辞にも周りから見て綺麗な格好とは言えない姿でオーディションに挑む小鳥遊月子。

周りも怪訝そうな目で月子に視線を送ります。

でも小夜子から見た月子は

「わぁ…よく見るとこの子すごくキレイな子だ…」

と思わず見惚れ近寄り声をかけたのです。

しかし、月子は容赦なくシカト。(笑)

そんな中、月子の出番が来ました。

歌い始めた月子の声を聞いた瞬間、子役たち、審査員に衝撃が走ります。

なんと月子は審査員に

『心を穿つ魔性の声だ』

と唸らせるほど歌が上手く、月子の容姿からは想像出来ないほどの迫力ある歌声を披露してみせました。

次に出番が来たのは小夜子。

小夜子は月子のように歌えず、その場で落ち込んでしまいます…。

そこに浅海の母親が登場。

オーディションの最中に構わず、簡単に発声練習をさせ、小夜子の歌声をすぐに成長させたのです。

これには審査員も驚きを隠せません。

月子も思わず、

「言っとくけど月子のほうが上手いから!」

「あんたみたいなチビに負けるわけないし!月子は唯一無二だから!」

とやっと口を開いて負けず嫌いを発揮(笑)

正直これは可愛くて笑っちゃった…。

しかし、月子も小夜子もオーディションが結果の決まっている出来レースだとは知りませんでした。

何もかも知っている浅海の母親はこの2人に声をかけます。

「日本中の誰もが知るスタァにしてあげる」と。

この後、目が見えない母親から離れたせいで、母親を亡くしてしまった小鳥遊月子の過去が描かれています。

辛い。辛すぎる展開に思わず涙が出ました。

そしてオーディションの後、自分の母親が本当の母親ではなかったことを知る小夜子。

映画を見ている最中に置き手紙をして失踪してしまった、優しかった義母の思いに胸が締め付けられます…。

あまりのショックから、声が出なくなってしまう小夜子。
浅海がピアノの伴奏をしてくれても、うまく声が出せず、うずくまってしまう。

浅海の母親はこの苦労した2人の運命を大きく変えるキーマンとなりそうですね。

どうか…どうか幸せになってほしい!!

2巻のラスト。小夜子は成長し、セーラー服姿に。
そしてなんと、小夜子の友達から「映画が決まったって!?」と言われているのです!

3巻からはいよいよ、小夜子の “青春時代編” スタートです!!

 

「昭和ファンファーレ 2巻」あらすじ

昭和初期、天性の歌声をもつ小夜子は、いつかトーキーで歌う女優になりたいと夢を抱く。その歌声に才能を感じたピアニストの浅海は小夜子にオーディションを提案。意気揚々と会場を訪れた小夜子だったが、そこで聴いた少女・月子の歌声に圧倒される。二人の天才少女が出会い運命が動き出す、待望の2巻!

※内容紹介より引用

 

マシュマロch編集長の少女漫画レビュー
【昭和ファンファーレ 2巻】

マシュマロch編集部員の独断と偏見により、
キュンキュンする度合いを「キュン度」
純粋に文字数等の情報量や続刊があるか等を勘案した「サクッと読める度」
斬新な展開の有無や、無難なストーリー構成かどうかを表す「ストーリー構成」
表紙や中身の絵柄、そして少女漫画にちょいちょいある、ムリな方向に曲がっている関節があるか等を考慮した「画力」
として、上記4つを★の数で5段階評価していきたいと思います!
※編集部員の独断と偏見が多分に含まれるのでくれぐれもご注意を。

 

【キュン度】★★☆☆☆
義母が失踪したあとに歌えなくなった小夜子へ浅海が「約束したじゃないか!俺の曲でおまえが歌うって!」と言ったシーンはちょっとドキドキしてしまいました。

 

【サクッと読める度】★★★★★
展開が早いので飽きることなく最後まで感情移入をすることができました。

 

【ストーリー構成】★★★★☆
小夜子と月子、そして浅海の母親や小夜子の義母についてもっと知りたくなるストーリー。奥が深いです!

 

【画力】★★★★★
小夜子の天真爛漫な雰囲気。月子の真っ直ぐで大人びた雰囲気。とっても特徴があって読みやすかったです!

 

【総評】★★★★☆
初めて読むジャンルでしたが現代では考えられない辛すぎる月子の過去や昔ながらのスタァが上手く描かれています。個人的に装飾や外の風景を見ても楽しめました!

 

昭和ファンファーレ1巻のネタバレレビューもありますので、こちらもあわせて読んでもらえると嬉しいです!

 

少女漫画を電子書籍で読むなら、無料で読める作品もたくさんあるまんが王国が断然オススメですよ!

 

さて、今回はここまで。
次回もお楽しみに!