BE LOVE

【昭和ファンファーレ】16話|ネタバレ感想|BE・LOVE

どうも。御茶の水です。

「昭和ファンファーレ」16話ですが、こちらは4巻に収録されると思います。

さてさて、今回はきゅう須のレビューですよーヽ(〃´∀`〃)ノ

 

 

「昭和ファンファーレ」16話|ネタバレあらすじ

 

小夜子は、今度の映画で名前付きの役が貰えることに!喜びを爆発させる小夜子(#^^#)

須藤監督に報告するも、その時に月子も大船撮影所に移籍したことを知る。

 

 

一方撮影所に訪れた月子は、監督や大勢の前で歌を披露する。

その様子を見た小夜子。子供の頃より格段に進歩した月子の歌唱力に、思わず逃げ出してしまう。

 

 

「あはは、ぜんぜん追いついてないよ」

 

 

落ち込む小夜子。その時天良が現れ、食堂に誘われます。
広い撮影所にも関わらず、「よく会いますよね やっぱ目立つ人だから?」と正直に言う小夜子。

映画初主演が大ヒットし、今や人気役者になった天良。それでも「何があったんだ?」と小夜子を気にかけてくれるのです。

最初は言う気がなかった小夜子も、つい月子のことを話してしまう。

 

 

「ふぅん。よかったな」

「一人勝ちなんてつまんないから」

そんな天良の言葉に、心が軽くなった気がした小夜子。

 

 

ご飯を食べ終わり、それぞれの現場に戻る2人。
その帰り際に…

「よく会うのは探してるから…なんだぜ?」

そう言われ、思わず顔を赤らめる小夜子。

「捜してる? 天良が?あたしが?」

天良に不思議な魅力を感じつつ、頑張ろうと誓う小夜子なのでした。

 

 

名前付きの役で出演する映画の撮影日。そこには月子の姿が‼

月子は、急遽主役をやることになったのだ。主役をやる予定だった役者は脇役へ。

納得いかない役者たち。脇にするなら新人の小夜子にしろとクレームをつける。

 

 

その様子を見ていた月子は、「見て決めたらいいと思います」と提案。

こうして、急遽オーディションで配役を決め直すことになるのだった。

 

 

「昭和ファンファーレ」16話|感想

 

前回気になった月子の「小夜子を潰す」発言!さっそく動き出しましたね…(;´д`)

 

 

監督から歌を求められて、見事な歌唱力で人々を魅了していました!

月子は小夜子を潰すことで退屈な日々を埋めよう…ということなんでしょうか。怖いですね((((;゚Д゚))))

 

 

小夜子も月子の歌を聴いて自信喪失…。ライバルだと思っていた子が、今や雲の上の存在になってしまったんです。そりゃショックですよ(ノД`)

 

 

毎回悩み落ち込む印象がある小夜子ですが、こんな時に現れるのが天良なんですね~(#^^#)

今回も天良ワールド炸裂でした♪「ひな鳥みてぇだな」と言いながら、小夜子の口にとんかつを放り込んだり(笑)

 

 

「よく会いますね」と話す小夜子に、「よく会うのは探してるから…なんだぜ?」と映画のワンシーンみたいなセリフ言ったり(笑)(笑)

こういうことがスラっと言えちゃうんだから、人気者になっちゃうんでしょうね(*´▽`*)納得です!

 

 

そして、最後面白い展開になりました!!月子を交えた配役オーディションが行われます。

月子はおそらく主役だと予想します。小夜子はどの役になるのでしょうか?主役?それとも名無しの脇役?

おそらく小夜子の役者人生で大きなターニングポイントになるような気がします!

 

 

さあ、結果はどうなるか!次号を楽しみにしておきましょう♡

 

「昭和ファンファーレ」2巻のネタバレ感想はこちら♪

 

「昭和ファンファーレ」1巻のネタバレ感想はこちらですよ♪

 

「昭和ファンファーレ」2巻のネタバレ感想はこちら♪

 

少女漫画を電子書籍で読むなら、無料で読める作品もたくさんあるまんが王国が断然オススメですよ!

 

さて、今回はここまで。
次回もお楽しみに!