プチコミック

【棘にくちづけ】14話 椿と蒼介の関係とは…?|ネタバレ感想|プチコミック

どうも。御茶の水です。

「棘にくちづけ」14話ですが、こちらは3巻に収録されると思います。

御茶の水
御茶の水
まさか、ここに来て椿が登場するとは思わなかったなぁ…
湯の実
湯の実
いやいやいやいや、1話目から完っ全にフラグ立ってたでしょ。
きゅう須
きゅう須
湯の実ちゃんは展開を先読みし過ぎだよぉ…ww

もしかして、椿と恭介…とか??
その説は無いですかね~?笑
私はちょっと期待しちゃいます!♡

 

というわけで、まずはあらすじです!
今回は湯の実のレビューですよー ヾ ^_^♪

 

 

「棘にくちづけ」14話 |ネタバレ・あらすじ

 

応接室にて、取材を受ける蒼介はストーリー冒頭から記者の女性に猛アピールを受けます。

その瞬間になんと桜を抱き寄せて

「まだ婚約発表はしていませんが、近々する予定なんです。彼女と」

婚約者という事実をついに公の場で暴露!♡

驚きと動揺を隠せない桜に蒼介は…

 

 

桜「記事に出るかもね~」

蒼介「めでたい話だし士気も上がる」

 

 

平然と桜に話して社長室に戻ると嫉妬した桜を抱きしめ、合鍵を渡します。

出張が終わったら自宅で待っていてほしいとのこと。

 

 

その5日後。

言葉通りに蒼介の家へ向かい、合鍵を使って中に入るとペットシッターさんと猫さんがお出迎えw

 

 

しかし、このペットシッターさんは

「ちょっと雰囲気が変わったのかしら?」

「お花の名前だったなーとは思ってたの」

「あずきちゃん(猫)がね、懐いてたのは覚えているんだけど」

と、桜を姉の椿と勘違いしている様子…。

 

 

合鍵を貰うことが自分にとって特別だと思っていた桜。

しかし、元婚約者で姉の椿も合鍵は手にしたことがあったようです。

 

 

やり場のない感情に苦しむ桜。

そして一体、そこまでの関係だった椿と蒼介に何があったのでしょうか…。

 

 

14話はここで終わり。

 

「棘にくちづけ」14話 |感想

 

記者の方にアピールされ、平然とした様子で桜を婚約者と紹介する蒼介はとってもカッコよかったです!

しかも記者を帰したあとに社長室へ入った蒼介と桜の気が緩み、急にイチャつき出す幸せな空間はなんですか!あれは!ww

見ているこっちまでニヤニヤしてしまうほど、お熱い2人。

でも桜へ椿や蒼介がお互いに口にする

「蒼介らしいね」

「椿さんらしいな」

とは一体何を意味しているんでしょうか…。

ふたりに一体何があったの!?

 

 

何か桜が入れない一線があって胸騒ぎがするんだよなぁ…

ただ姉の駆け落ちが原因で婚約は解消されたのでしょうか…。

ペットシッターさんの言葉から推測するとあずきちゃんが懐くほど家に行ってたって事だよね?

もう!桜だって2人のことをもっと知りたいはず!

ヤキモチやきだけど!w

まだまだ、謎は多いですね。

今後の展開に期待しましょう!

 

 

バックナンバー、「棘にくちづけ」13話のネタバレ感想はこちらです~♪

 

少女漫画を電子書籍で読むなら、無料で読める作品もたくさんあるまんが王国が断然オススメです!

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!